柳井正の名言|明日の仕事を今日するのが経営だ

明日の仕事を今日するのが経営だ。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「変わりたいと望むこと」と、「変わる意志」は同じではない。「諦めてしまう方が簡単だ」と、あなたがどこかで決めてしまいそうになった時に、屈せずにやり抜く力を与えてくれるような「望み・欲求」が必要。

半分も上場すれば凄いと言われ、華々しい成功だけがマスコミから取り上げられるVC(ベンチャーキャピタル)の世界は、裏を返せば、最低半分は苦悩の末、投資に失敗することを意味する。これがVC世界の現実である。成功の影には失敗があり、また成功と失敗とは紙一重である。10社も投資先があれば、例外なく、今日もどこかの投資先が大小のトラブルを抱えて、ベンチャーキャピタリストは頭を悩ませている。

社員にスピードを求める以上、トップである私自身がそれに応える仕事をしなければなりません。会議や打ち合わせの資料は出勤や出張の移動時間を使って読み込むようにして、時間を無駄にしないように努めています。

イノベーションの本質は「新結合」。すなわち、今まで結びついていなかったもの同士を結びつけること。

私の経営の重点は、ひと口に言えば技術の尊重であり、科学的経営でもあるということに尽きる。

私たちは言葉ですべてを知覚しています。「苦しい」を「楽しい」に代えることで認知も変わります。適切な言葉を丁寧に使うことで自分を取り巻く世界が変わっていくのです。

地域やその時によって売れる商品は変わっていくが、その変化に対応出来ているかが重要。現場が臨機応変に行動できるかどうかが差別化になる。

少ない動きと少ない労力で作業を行おうとしたとき、それに反対したのは職工たちであった。その検討が単に労力を減らす目的とわかっていても、彼らを最も困惑させたのは、新しいやり方によって、それまですっかり馴染んだやり方が変更されることにあったのだ。

企業の業績を判断する基準は同じだ。売上高や市場シェア、利益率、収益の伸びがその基準となる。しかし、私は以前から別の基準を唱えてきた。私は、長期利用の顧客やリピーターの確保をもっと重視すべきだと考えている。顧客ロイヤリティ(顧客の愛着度)を高めることを最優先に経営を行えば、売上高アップなど経済的な目標もおのずと達成できる。

リーダーは、様々な人がそれぞれの思いを持って生きていることを、理解していなければならない。

ページの先頭へ