シェイクスピアの名言・格言|一回の敗北で諦めない

成し遂げんとした志を、ただ一回の敗北によって捨ててはならぬ。

シェイクスピア の経歴

ウィリアム・シェイクスピア、16世紀のイギリスの劇作家、ハムレット・ロミオとジュリエット・マクベス・リア王・ヴェニスの商人そのほか数多くの傑作を生み出す。最も優れた英文学の作家と評される人物。後世の作家に大きな影響を与えた

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

外資系コンサルティング会社には「アップ・オア・アウト」という言葉があります。昇進するか辞めるか、という意味です。成長してポジションが上がらなければ辞めて出ていくという選択肢しかない。震え上がるような競争社会で、何度も心が折れそうになった。でも、自分の力でがんばっていくしかないと心に決めたときでもありました。

当社の中に優秀なAI人材は相当数います。商品にどうやってディープラーニングを活用するかなど、大学と一緒になって人材育成も進めています。AIとの親和性は高いと思います。メカが主体の企業だと、AIの技術者は少ないですよね。今はITの世界と自動車メーカーの間に距離があるので、パナソニックが中に入って通訳してほしいと言われています。

世界のエリートたちは決してスーパーマンではありません。普通の人と同じように与えられた24時間という一日の中で、今一番重要な仕事に多くの時間を集中させているだけなのです。

同じではない人を同じにしようなどとせず、いわゆる、その人の優れた才能を育てることに努めるべきである。

小売業の競争力の源泉は人材ですから、海外や外部の研修にも派遣します。PB(プライベートブランド)商品や、新業態の開発も勉強になりますから、若手社員にどんどん任せるようにしています。

経営というのはマネーゲームではないんです。企業の目的は、本来、会社を構成する人々の幸せの増大のためにある。社員が精神的にも物質的にもよりいっそう幸せであると感じられるような会社をつくり、永続することによって雇用を守り、メセナなどを通じて社会に貢献していくのが真のCSR(企業の社会的責任)だと思っています。会社を取り巻くすべての人から「いい会社だね」と思ってもらうことが大切です。そうして支持していただくことによってこそ、企業は永続できるのです。

人の話を聞く姿勢がない人は、その先には進めません。生意気盛りの人にとって、おそらく耳に痛いことは聞き入れにくいものです。しかし、そうしたことを言ってくれる人がいるということは、とても重要なのです。

「お金やモノのために頑張るのは不純」といった道徳観を鵜呑みにするのは禁物です。動機が何であれ、脳で起こる作用は同じです。実際、仕事の社会的意義などに現実感が持てないことは多々あるでしょう。そんなときに「給料日」や「ケーキ」でやる気が出るなら、大いに良いことではないでしょうか。

主流にいなかったからこそ上司の顔色をうかがわずに行動できた。
【覚え書き|西友時代を振り返っての発言】

買収して相手先に経営を任せて成功するには、経営哲学について、被買収企業から共感を得られる買収者かどうかでしょう。買収当時、RJRもギャラハーも短期的なキャッシュフローを追い求める米国的な株主至上主義に偏重し、そこからかなりのプレッシャーを受けていました。そこにJTが乗り込み、日本的な、短期でなく中長期の利益を重視する姿勢などを提示したことが、感動を持って受け入れられました。

ページの先頭へ