中内功の名言・格言|自分を信じられない人間が、他人に福音を説くことはできない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自ら信ずること少なき者が、他の人々に福音を説くことは不可能である。飛びくる矢にたじろがず、木石のごとき非情な精神を持たねばならぬ。


中内功 の経歴

中内功、なかうち・いさお。ダイエー創業者。日本チェーンストア協会会長。経団連副会長。日本小売業界初の売上高一兆円を達成。日本の小売業の発展を後押しし、地位を向上させた人物。私財を投じて流通科学大学を設立した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

旅行先の朝市で新鮮な魚を買ってすぐに市場からクール宅急便で自宅に送れば家に着いた時には新鮮なままの魚が食べられる。お客様の知恵とバイタリティがわが社のビジネスの幅をさらに広げてくれているわけです。これからもお客様の知恵とバイタリティに応えられるような新しいサービスを提供し続けなければ、競争の激しい市場の中では生き残っていけません。

終身雇用や年功序列賃金体系は、人道主義的な立場に立った経営を行う中から生まれてきたものだといえます。その意味でいえば、経営環境や産業構造が変わったと言って、これらのシステムをすべて捨て去っていいのかと言えば、答えはノーです。考えてみてください。企業が労使協調路線を維持できたのは、経営が終身雇用を保障してきたからではありませんか。

娯楽という分野は、つねに従来と異質のものを開発しなければならないのです。つまり改良の程度ではダメです。このビジネスの世界は一日かかって説明しても、なかなか理解してもらえないのではないかと思うほど難しい。

私は出世なんてことを考える必要がなかった。功が誰に帰しようが、失敗をこちらでかぶろうが、どちらでもかまわない。【覚書き:上記発言は自身の上司論について語った言葉。功は部下に与え、責任は自分が取るという心構えを語った言葉】

本当のところ、私にとってはむしろ学生でいることのほうが賭けでした。大学にいる間に、このチャンスを取り逃がすかもしれないんですからね。(覚書き|なぜ大学生を辞めて会社を作ったのかの問いに対し)

経営者に必要な資質とは、まずやってみたいと思うこと。これがないと何も始まりません。次に目的と手段を明確に持ち、計画性のあることです。

社員一人ひとりが「自分自身がやってみなはれ」の意気込みで新たなチャレンジをしていきます。

ページの先頭へ