石原壮一郎の名言|ちょうどいい距離感や扱い方を見つける

大人にとって大切なのは、上司を崇め奉って満足しているのではなく、上司も部下もしょせんは「役割」の違いに過ぎないと認識して、ちょうどいい距離感や扱い方を見つけること。

石原壮一郎 の経歴

石原壮一郎、いしはら・そういちろう。日本のコラムニスト、雑誌編集者。三重県出身。埼玉大学教養学部卒業。学生時代にサークルを立ち上げつくったミニコミ誌が話題となり、月刊誌『QA』の編集者となる。そのほか複数の雑誌編集に携わった。著書に『大人養成講座』『親父力検定』『大人力検定』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

イライラの感情は、自分が思っている以上に周りに伝染しています。平常心を装っているつもりでも、顔がガチガチにこわばっていたり、あるいは職場での部下への口調が強くなってしまったりすることも少なくありません。

太田彩子の名言|イライラは周りに伝染する


学生の卒業論文の指導をしていてよく思うのは、彼らの多くが、「自分にしか書けない独創的な論文を書こう」という勘違いをしていることです。そういう学生に限って、資料や文献をやみくもに漁って、分厚いレポートにまとめてくるのですが、それは論文とはいえません。まず問題提起があり、それに対し仮説を立て、自分なりの解答を示すというのが論文に求められる定型です。いそうしたお作法に則っていなければ、いくらデータや情報をたくさん集めても評価されることはありません。

香山リカの名言|定型を利用することの重要性


強い気持ちを持つには、人生を大局的に見ることだ。あらかじめ自分の生涯の路線を決めておく。そうすると、まわりの小さな利益とか細かな問題は放っておいてもいいんだから。

酒井雄哉の名言|人生を大局的に見ることの重要性


神が私に望んでいらっしゃるのは、事業を成功させることではなく、忠実に生きることなのです。神と相対して生きているとき、大切なのは結果ではなく、忠実さなのです。

マザー・テレサの名言|大切なのは結果ではなく神への忠実さ


ある島の小さな町の温泉施設建設計画のコンサルを担当したときのことです。県から「過大投資を防ぐために関わってほしい」と話があり、行ってみると「学歴だけの若造が東京から何しに来た」という空気。しかも片道6時間もかかる遠い場所。ですが私は嬉々として修行に励みました。この場で通じないなら、大きな仕事はできっこありません。

藻谷浩介の名言|大変な仕事は修行だと思って励む


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ