土光敏夫の名言・格言|考えるより体当たり

考えるより当たれ。体当たりによって生きたアイデアが生まれる。

土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

発明や発見には立派な設備や資金はいらない。新しいものを創造する力がなければ企業は存続できません。自分の周囲にいつも好奇の目を向けろ。消費者のニーズや時代を読むヒントは日常生活のいたるところに転がっている。明日になれば今日の非常識は常識になっている。子供のようにいつも「なぜ?」と疑問を発しなさい。

安藤百福の名言格言|発明に大金はいらない


私のような若造が研究してもうまくいくだろうかと思ったが、これこそ自分の長い間探し求めていたテーマであると確信を持ち、テレビジョンの研究を決意した。
【覚書き|20代中盤にテレビの開発に本気で取り組む決意をした時を振り返っての発言。その後、世界初のテレビ受像実験に成功。ブラウン管に「イ」の字を写しだす。イはいろはのい】

高柳健次郎の名言|若造でも思い切った挑戦をしていい


技術は盗むもんだと思ってる。給料払ってるのはこっちなんだ。なんで、給料払う方が懇切丁寧に教えて差し上げなきゃならない?そんな間尺に合わないことはないじゃねえか。腕のいい職人の技術を盗んで一丁前になるには、なんていったってやる気だね。いまは俺が修業した時代とは違うし、褒めてやる気を出してくれるんなら、いくらだって俺は褒めるね。気前にゃ自信があるし、大盤振る舞いは得意なんだ。

岡野雅行の名言・格言|技術は盗むもの


部品あたりのコストが最小になるような複雑さは、毎年およそ2倍の割合で増大してきた。短期的には、この増加率が上昇しないまでも、現状を維持することは確実である。より長期的には、増加率はやや不確実であるとはいえ、少なくとも今後10年間ほぼ一定の率を保てないと信ずべき理由は無い。すなわち、1975年までには、最小コストで得られる集積回路の部品数は65,000に達するであろう。私は、それほどにも大規模な回路が1個のウェハー上に構築できるようになると信じている。

ゴードン・ムーアの名言・格言|コストの最小化を踏まえて未来を予測する


「時計を見るな」これが私の、若い人々におくりたい、ただ一つの言葉である。時計は必需品ではあるが、仕事をしている最中、研究をしている最中に時計を見るようでは、良い仕事は出来ない。

トマス・エジソンの名言・格言|時計を見るな


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ