松下幸之助の名言・格言|失敗の大半は、成功するまでに諦めてしまうことが原因

世の中に変化し、流動しているものである。一度は失敗し、志を得なくても、それにめげず、辛抱強く地道な努力を重ねていくうちに、周囲の情勢が有利に転換して、新たな道が開けてくるということもあろう。世にいう失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まで諦めてはいけない。

松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

次の心得を守れば、十中八九、誰でも成功する。自信を持つこと。そして、仕事に全力を尽くすことだ。

トーマス・W・ウィルソンの名言・格言|絶対成功できる二つの心得


成功にもっとも良い場所は、今の自分がいる場所である。

チャールズ・シュワブの名言・格言|成功しやすい場所とはどこか


地位か名誉か金か、いや、大切なのは目的だ。

五代友厚の名言・格言|成功する人生のもっとも大切なこと


成功とは何か。それは、自分がやっていることに才能があること。そしてまだ十分でないということをわかっていること。一生懸命に働き、確かな目的意識を持っていなくてはならないということを知っていること。これらをすべて併せたものだと思います。

サッチャーの名言・格言|成功する秘訣とは


他社から学ぶことこそ成功への近道。私がやったことの大半は、他人の模倣である。

サム・ウォルトンの名言・格言|模倣が成功への近道


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ