ビクトル・ユーゴーの名言・格言|人の心は大洋よりも、大空よりも壮大なもの

大洋よりもいっそう壮大なものは大空である。大空よりもいっそう壮大なものは人間の心である。

ビクトル・ユーゴー の経歴

ビクトル・ユーゴー(ヴィクトル=マリー・ユゴー)。レ・ミゼラブルなどの名作を残したフランスロマン主義の小説家、詩人。第二共和政時代の政治家。フランス文学に大きな貢献をした人物。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

歴史はその最終段階だけが重要なのではない。経営者の評価や財界人としての基準も変わった。80年代までのヒーローの中にも「墜ちた偶像」が何人もいた。その一方でまた、新しい経済のスターが現れつつある。没落した経営者が、その得意の絶頂で何を語り、何を誇ったか、それを読むのもまた興味深い。

堺屋太一の名言・格言|歴史は最終段階だけが重要なのではない


我々は無限の可能性を秘めた章の第一ページの第一行である。

ラドヤード・キップリングの名言・格言|まっさらな人生


その手に魂が込められなければ、芸術は生まれない。

ダ・ヴィンチの名言・格言|魂がこもっていなければ芸術はない


仕事というものは男にとって自己表現、自己主張であり、生きることの証なんです。仕事をするということは自分を開発し発見していくことに他なりません。ですからどんな仕事にしろ受け身では仕事の中に生きがいを求めるのは無理、前向きの姿勢で意欲的に取り組んでいかなければ駄目です。仕事のための努力や苦労は、より大きな自分を育て上げるための自己投資です。

菊村到の名言格言|男にとって仕事とはなにか


雌伏もまた静かなる戦いなのである。【雌伏(しふく)=絶好の機会が訪れたときのために、力を蓄えながら、忍耐強く待つこと。】

早乙女貢の名言・格言|忍耐強く待つことも戦い


悲しみはそれが悲しみである限り、生産的ではありえないように今の僕には思える。ものを生み出す力は常に悲しみを一つの武器として転化していくものでしかないのだ。

大宅歩の名言・格言|悲しみを転化してものを生み出す


いままでの自分が持っている一ツの自力の世界、自分というものは自分の力で仕事をするとうようなことからいや、自分というものは小さいことだ。自分というものは、なんという無力なものか。何でもないほどの小さいものだという在り方自分から物が生まれたほど小さいものはない。そういうようなことをこの真宗の教義から教わったような気がします。

棟方志功の名言・格言|自分はなんと無力なものか


腐食したり、塗り替えが必要なものには決してお金をかけてはいけない。

ウィリアム・ビリー・ローズの名言・格言|お金をかけてはいけないもの


死というものを常々考えもしない人はまず抜きにして、死への親近感からはじまった人々が、ついに生への意志に到達するのがあくまでも人間的な生き方というものである。

北杜夫の名言・格言|死への恐れを生の意志へ


いまの日本社会や人々には一途さがたりないような感じがします。どうも最初から逃げ道を用意しているような傾向がある。いつも前進を考え、全力を尽くすことが一番大切なんだと思います。

並河萬里の名言格言|逃げ道を作らない生き方


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ