岡野雅行の名言|目先の効率だけを考えてはダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

目先の効率だけを考えてはダメ。一見、ムダなことが大事だったりするから。


岡野雅行(岡野工業) の経歴

岡野雅行、おかの・まさゆき。日本の技術者、経営者。世界最先端技術を生み出す町工場として有名な岡野工業代表。東京出身。向島更正国民学校卒、旧制西部高等学校中退。その後、家業の文具・玩具部品用の金型製作を手伝いながら独学でプレス加工技術を習得。世界一細い「痛くない注射針」や、携帯電話の小型化に貢献したリチウムイオン電池ケースなどを開発。高い技術力を買われ、国内一流企業のみならず、NASAや米国国防省からも仕事が持ち込まれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若手のビジネスパーソンの場合、勉強する内容以前に自分で勉強の計画を立ててとにかくそれを実行することを重視すべきだと思います。

日本には「出る杭は打たれる」という言葉があると聞いたが、では本田宗一郎はどうか。生前の本田は、決して礼儀正しく誰にでも優しい人物ではなかった。ホンダを世界的自動車ブランドにすることのみに集中し、それを達成した。ソニーの盛田昭夫も同じだ。『「NO」と言える日本』という極めて刺激的で反米的ともいえる本を出してベストセラーにしながら、一方では時代を先取りして子供を米国に留学させ、自身も非常に目立つタイプだった。この二人を見ただけでも、日本においてさえ目立たない壁の花でいることは決して良策ではないことがよくわかる。

保険を掛ける上では大局観がないといけません。何手先を読むかということが重要で、行く先々まで戦局を見ると。そうやって考えると、戦国武将の最大の特徴は、大局観をもって、要するに、Aが倒れたらBという代案を常に用意している。リスクヘッジの権化みたいな部分がありました。

ビジネスは戦争だ。よく部下に対して言ってきた言葉です。だから、味方は多いほうがいい。しかし、そんな簡単なことにも気づかず、淡々と上司に命じられた仕事をこなしている人があまりにもたくさんいます。しかし、現代の日本ではほとんどの企業の経営者はダウンサイジングする機会をうかがっています。そして、味方がいない人、敵が多い人がまず先に、会社からはじき出される危険性があります。

わが家のキッチンテーブルを囲んだ話し合いは活発で、ときには喧嘩腰になったけれど、私は一つ屋根の下でも意見が分かれていいのだということを学んだ。

ビール業界だけを見ていたら、斬新な切り口に気付かぬまま、他社より少しいいものを出せばいいという発想になってしまう。

日本の警察官には、大体において真面目で清潔という長所がある。ただ、ちょっと融通が利かないというか、世の中の変化についていっていない面があって批判される。だが、トップに先見性がないのは困るけど、現場は愚直でいい。「鈍重だ、頭が固い」と言われるくらいがちょうどいい。

ページの先頭へ