岡野雅行の名言|試行錯誤して失敗を繰り返すから、成功できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの俺の仕事人生は、10のうち、低く見積もっても8は失敗。試行錯誤して失敗を繰り返すから、成功できる。失敗はムダじゃなくて、成長に絶対に必要なもの。


岡野雅行(岡野工業) の経歴

岡野雅行、おかの・まさゆき。日本の技術者、経営者。世界最先端技術を生み出す町工場として有名な岡野工業代表。東京出身。向島更正国民学校卒、旧制西部高等学校中退。その後、家業の文具・玩具部品用の金型製作を手伝いながら独学でプレス加工技術を習得。世界一細い「痛くない注射針」や、携帯電話の小型化に貢献したリチウムイオン電池ケースなどを開発。高い技術力を買われ、国内一流企業のみならず、NASAや米国国防省からも仕事が持ち込まれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま日本から生産基地がどんどんなくなっています。これで本当にいいのだろうか。私は大きな危機感を持っています。
【覚書き|日本国内に工場を集約し、設計からアフターサービスまで行っている理由について語った言葉】

ゴールデンゲートブリッジは驚くほど美しい橋だろう。だが、美しいのは見た目だけではない。波が高く、橋を架けるには極めて困難な海峡を前に数多くの技術者が集まり、少しずつ少しずつ作業を進めて作り上げた橋だから美しいのだ。

バブルが弾けて受注の伸びに陰りが見え始めたとき、メガチップスの進むべき方向を決める岐路に立たされました。私自身は大企業の下請けになるよりも自主独立路線を歩むべきだと思っていました。しかし、人生の重みはみんな平等であるとの考えから、今後の進むべき道をみんなで決めることにしたのです。判断のよりどころを得るため、事前に無記名で会社の価値観すなわち「経営理念」「行動指針」「経営原則」に関して意見を提出してもらい、そして20数人の社員と兵庫県の有馬温泉で合宿、真剣な議論を行いました。大議論の末に「経営原則」を決し、下請けの道よりも、自主独立の道を歩むとの結論に達しました。

下手な駆け引きは無用です。正面から本音をぶつけ、相手の本音を引き出す。そんななかから落としどころが見えてくる。

モノを買うことで得られる幸福のシステムは国全体の経済成長を前提としたものです。現在は「モノ」ではなく、人間関係、すなわち「つながり」を作るための消費をすべき時代です。

往々にして、部下を持つと「うちの上司は、よくできた人だ」と見られたくて、器の大きなふりをする人がいます。けれども、付け焼刃は絶対に禁物です。見る目を持つ人には、必ず見抜かれてしまうものです。

外国に行ったからこそ、気づくことも少なくありません。「日本らしさ」というのもその一つでしょう。国内から見る日本と、外国から見る日本はかなり違います。その意味では、ずっと国内に留まっていると、日本のことを「知ったつもり」になってしまう恐れがあります。それでは日本ならではのブランドをつくるのは、難しいのではないでしょうか。

スポーツやフットボールの世界に閉じてしまうと、スポーツを産業として発展させていくことは困難。

「どんな人でも人生のリベンジはできる!」。私自身の経験からもそう断言できます。倒産前の3年間はノイローゼ状態でした。「人生、終わった」と思いましたが、会社の清算後、気持ちが前向きになりました。以来、新会社が軌道に乗り、解散経験も役立ち、人生が充実しています。気持ちひとつでいくらでもやり直しがきくんです。

人の話を聴くのは簡単なようでいて案外難しい。たとえばインタビューでも、相手の答えに対してズレた質問をする人がいますよね。これは相手の答えの要点をよく理解していないから。相手の言っていることを聴かずに、「きっとこういうことが言いたいのだろう」と勝手に解釈するから会話がかみ合わなくなるのです。

ページの先頭へ