葛西紀明の名言|ゼロベースから新しいことにチャレンジするしかない

何をやっても結果が出ないのは、自身の思考にとどまっているせいだ。であれば、柔軟な思考で、ゼロベースから新しいことにチャレンジするしかない。

葛西紀明 の経歴

葛西紀明、かさい・のりあき。日本のスキージャンプ選手。北海道出身。10歳でジャンプを開始。東海大学付属第四高等学校卒業後、地崎工業に入社。リレハンメル五輪・ソチ五輪ラージヒル団体で銀メダルを獲得。7連続五輪出場、W杯最年長優勝、五輪スキージャンプ最年長メダリストとしてギネスブックに登録された。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ストレスのまったくない仕事はありませんし、ストレス自体は必ずしも悪いとは限りません。適度なストレスは、人間の成長に欠かせないからです。ストレスを感じるのは正常な反応であり、それを解消して回復すればいいのです。

構造改革は単なる不採算部門の縮小ではなく、ビジネスそのものを根本から変えること。それには、まず自社の強みを見極める必要がある。不要な部分を削り、強みに磨きをかけて、持続的に収益を獲得できる体質にする。

本屋には本屋ならではの魅力がある。ネットでピンポイントで本を買う人が多くなっているが、本屋で本との出会いを求める読者もいる。そのための場所を作っていかないといけない。

私はいまでもファッションビルやショッピングセンターに頻繁に足を運んでいます。屋上から最下層のフロアまで、ファッションだけでなく、飲食店や雑貨店などもすべて見て回るのです。行き来する来店客の様子をじっと観察すれば、細かな流行の差異はわからなくても、時代の方向性は感じられます。

電車で見る日本人は、携帯電話をいじっているか居眠りをしているだけで、活き活きした感じが伝わってきません。街の雑踏で肩がぶつかっても、お詫びをするどころか舌打ちをしたり、文句を言ったりします。そんな人は総じて、よじれて座っていたり、背中を丸めて歩いていたりします。そんな身体では自律神経を狂わせ、結果としてイライラするだけです。そんな人こそ、正しい身体づくりを行うことで、心に余裕を持ち、普段とは違う自分に気づいてほしいと思っています。

音声認識しない言葉には、シーマンが逆ギレします。ユーザーに責任転嫁する発想で、認識率の低下という問題を解決しました。

私は営業に「お客様を光らせろ」と言っています。管理職ならば「部下を光らせろ」と。お客様に満足してもらうソリューションを提案する、あるいは部下が生き生きと活躍できる場を提供する。それが結果として、自分が光ることになります。

タブーの根源には、神や自然といった超越的な存在への畏れがある。わかりやすくいうなら、「お天道様が見ている」という感覚。それが失われると「なんでもあり」の混沌とした社会になってしまう。

言語と非言語のメッセージが一致していないと相手は不信感を抱きます。そうなると、人は非言語の方を信じます。「彼はあんなことを言っているが、目つきがおかしい。本心は違うぞ」となるわけです。

お小遣いを稼ぐだけなら、アルバイトでもできます。しかし、アルバイトは誰かの考えたビジネスモデルの末端を担うだけです。週末起業をすれば、会社を辞めてもその経験や自分の会社が残ります。明日、自分の会社がどうなるか不確かな時代、キャリアにおいてもリスクを分散してはどうでしょうか。

競争相手から社員を引き抜かれる会社が、社員を引き抜く会社に負けるわけがない。こうしたことは、どこかで止まります。この3から4年、何人もの社員がうちを辞めて競争相手に行きました。しかし、辞めた社員が「行った先の仕事は面白くない」とか「自分の能力向上にはこの会社は駄目。コマツにいたほうがよかった」という声が返ってくるようになりました。そうして辞めていく社員が少なくなってきたのです。どの会社も一度はたどる道だと思います。

事業は大技、中技、小技から形成されている。経営者は大技だけ常に考えろ。

会計において、売上と設備投資は同額程度という鉄則がある。100万円の設備投資からは、100万円の売上を生まなくてはならないという考え方だ。この鉄則を守れなくなったら、撤退のシグナルが点滅し始めたと捉える。

ページの先頭へ