葛西紀明の名言|ゼロベースから新しいことにチャレンジするしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

何をやっても結果が出ないのは、自身の思考にとどまっているせいだ。であれば、柔軟な思考で、ゼロベースから新しいことにチャレンジするしかない。


葛西紀明 の経歴

葛西紀明、かさい・のりあき。日本のスキージャンプ選手。北海道出身。10歳でジャンプを開始。東海大学付属第四高等学校卒業後、地崎工業に入社。リレハンメル五輪・ソチ五輪ラージヒル団体で銀メダルを獲得。7連続五輪出場、W杯最年長優勝、五輪スキージャンプ最年長メダリストとしてギネスブックに登録された。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事ができる人はたくさんいますが、いいリーダーになれるとは限らない。仕事ができるだけの人がリーダーになると、その人だけが強大になり、誰もコントロールできない存在になったりする。仕事ができるかどうかだけではなく、私心の有無をみないといけない。

私は心配性なので、ツールは何でも二本立てです。スマートフォンも二台持ち歩いているし、名刺入れも常に二つ持ち歩いています。デジタルが圏外で使えなかったり故障すると困るので、アナログの手帳も使い続けています。

「なぜ支出の見直しが必要か」ということを、子供にもきちんと話しましょう。同時に、どんな進路を目指したいかについても聞いておき、それにはどれくらいお金がかかるか、共有しておいても良いと思います。「希望に応じて、できる限りのことをする」という親の意志を示すことで、子供の中にも責任感が芽生え、協力態勢が強いものになるうえ、子供の金銭感覚も育てることができます。

逆境は最大の教育の場。逆境だからこそ、今まで全く縁のなかった場所や発想で一から商品開発に取り組むことが出来る。

ゴールイメージを描けない人間は仕事が遅くなるし、面白さも感じられない。

私がお客様の過去を聞く際は、単に出来事を追うのではなく、そのときの感情を聞きます。お客様が企業の経営者なら、先代から会社を継いだときはどんな気持ちだったか、社長になった当初はどんな苦労があったか、といったことをお聞きするのです。すると、話を聞くうちに、相手に興味が湧いてくる。「そんなに大変な思いをしながら、ここまでやって来たのだな」と思うと、その人の力になりたいという気持ちになります。こうしてお客様への愛情が生まれれば、テクニックなど使わなくても、自然と親身になれるはずです。

シリコンバレーの人間は開拓者精神を大事にしています。精神性を重んじる点で、禅僧と似ているのではないでしょうか。アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が成功した理由もここにある。彼は瞑想の中で、開拓者精神を深耕しました。

企業は人が制し、ひいては企業の盛衰を決める。

ネットで企画のネタを探そうとしても、そう簡単にはいかないのが現実です。むしろネットを仕事に役立てる一番いい方法は、「都合のいい数字」を取るために使うことです。

インターネットの発達で、これまで単なる趣味にすぎなかったものがおカネになる例が出てきています。一生やりたいこと、死ぬまで働きたい仕事を見つけようというのが僕の提案。

ページの先頭へ