葛西紀明の名言|ゼロベースから新しいことにチャレンジするしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

何をやっても結果が出ないのは、自身の思考にとどまっているせいだ。であれば、柔軟な思考で、ゼロベースから新しいことにチャレンジするしかない。


葛西紀明 の経歴

葛西紀明、かさい・のりあき。日本のスキージャンプ選手。北海道出身。10歳でジャンプを開始。東海大学付属第四高等学校卒業後、地崎工業に入社。リレハンメル五輪・ソチ五輪ラージヒル団体で銀メダルを獲得。7連続五輪出場、W杯最年長優勝、五輪スキージャンプ最年長メダリストとしてギネスブックに登録された。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業の継承において本当に大切なのは、「志の継承」である。

社会から認められなければ、どんなに凄いことをやっても駄目。

北杜市周辺には、豊富な森林資源や広大な耕作放棄地が存在します。これを再生するには新しいサプライチェーンをつくり、新しい価値を生み出す必要がありました。そのためには、生産だけを担う従来型の農業や林業のやり方ではなく、地域外との連携が必要と考えました。

今太閤ともてはやされ、権力絶頂の時にこそ、一番難しい問題に挑戦しなきゃいかん。

スイスのスキー学校時代、教授に「きみは人生の岐路に立っている。自分が何をやりたいのか見つけなさい。それに忠実に生きることはすごく大事だ」と言われました。

アメリカでは誕生日を迎える家族や友人のために、内緒でパーティーを準備します。忙しい最中でも準備が楽しいのは、相手に喜んでもらいたいからです。あの高揚した気持ちが、ビジネスを起こす力と似ているんです。驚かせ上手な人ほど商才があるのかもしれませんね。

自分の思い描いたことが100%実現できているわけではありません。広告主に企画を持っていって、先方から変更指示をもらうこともあります。でもそんな時、私はそれを拒否せずに、条件が変わったことを楽しむようにしています。

ページの先頭へ