内藤忍の名言|手数料もしっかりとチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

金利に比べて手数料は軽視されがちですが、これも資産を減らすリスク要因。しっかりとチェックしてください。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間の社会において最も堕落するのは、いつも最上層の富者と、最下層の貧者であって、世の中の退廃はまずこの二者から始まり、漸次、社会一般に移り広がる。

コミュニケーションはどんなに取っても取りすぎることはありません。たとえば、マネジャーは週に一回は部下と一対一で話すことが義務付けられています。上司が部下を放っておくことはまずありません。業績評価も必ず本人と面談して伝えます。

政治経済の本だとか、それからマネジメントの本だとか。たくさん送っていただくんですよ。いろんな出版社から。でも最初から最後まで読んだ本というのは少ないですね。というのも、結局こういったものはしょせん過去のデータ分析でしかない。時代は毎日、変化しているのに、もう終わっている話なんですよね。なかには最後まで読みたい本もありますけど。

「独創性」という言葉は、「独り創造的である」という漢字を使います。だから、設定テーマが独創的であればあるほど孤立無援になります。生きにくいかもしれないし、多数派優位だからいじめられるかもしれない。それでも、少数派であることを誇りに、やり続けるしかありません。

仕事をさせる機能として人を雇うことは、人を椅子扱いすることと同じです。私にはそのようなことはできません。

喜びや感動は、周囲に伝染します。人が喜ぶ姿を見るのは、誰でも嬉しいものです。見ず知らずの人が感動する姿に接して、思わず自分も感動してしまうということがあると思います。「もらい泣き」という言葉がありますが、いわば「もらい感動」ですね。これは、人間の本能的な性質なのかもしれません。

笑顔は安心感をもたらす。

ページの先頭へ