内藤忍の名言|手数料もしっかりとチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

金利に比べて手数料は軽視されがちですが、これも資産を減らすリスク要因。しっかりとチェックしてください。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

投機という目先の利益に翻弄されるのではなく、将来起こるであろう経営環境の変化に備えて、営々と本業の深化に努力し続けること。それが企業を常に成長させることになり、どんな不況にも負けない強い体質の企業を生み出すことになるのではないかと思う。

ベンチャー企業では、ある分野だけに特化してそのほかの部分に弱いといったことが多いのですが、当社が目指すサービスはIT面だけでなく、運営面の品質やセキュリティなどいずれにおいても一番を目指すこと。

運動だけではなく、思考にも「体力」があり、それを鍛えなければ物事を考え抜く力が生まれない。

開き直って、あるジャンルの中で「うわぁ、これ以上のものはないよな」と思わせるところまで徹底的にやるってのがいいんじゃないでしょうか。

ビジネスはスピード。スピード感がないと結局は二番煎じ、三番煎じになってしまう。やるんだったら早くやる。

私は昨年からメモを取ることをやめました。きっかけは、メモを取っても二度と見ないことに気づいたからですが、メモを取らなくなると、聞き逃すまいという緊張感が出てきて、以前に増して集中できるようになりました。理解すれば、情報というものは忘れないものです。資料は、ざっと目を通したものは捨ててしまうため、ファイルも残りません。

縁をたぐり寄せることはできます。感謝をし続けていると「よい人との出会い」を引き寄せることはできる。それが人生を大きく左右するのです。

デザインによって日本の素晴らしい技術を「欲しい」と思っていただけるようにするのが、わたしたちの使命。

一方で会社の歯車になるという選択肢もある。全員が全員、出世できるわけでも、独立して事業を展開できるわけでもない。会社の立派な歯車になることで、豊かな人生を送ることも十分に可能だといいたい。

一般の人でも、ツイッターで1000人以上のフォロワーがいる人なんてざらですよね。組織に属さなくても、情報発信や情報収集ができるようになった状況を、個人がどう活かして生きていくか。すべては自分次第だと思います。

ページの先頭へ