内藤忍の名言|冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

暴走を止めるには、最悪の場合を想定し、ハイリスクの金融商品に投資する上限額を、事前に決めておくこと。「事前に」というのがポイントです。少しうまくいき始めると誰でも、「もうちょっと投資額を増やしても大丈夫では」などと考え始めます。そうやって落とし穴にはまる。冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事です。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

思う存分やってみることですよ。そこからしか自分なんて見えてきませんから。

私が子供の頃、母が「算数で100点取るも、100メートル走で1番になるも、絵が上手に描けるのも、ピアノが上手なのも同じよ」と話してくれた。世間には物差しがいくつもあることを教えてくれた。

創業から50年、苦しいことも楽しいことも、たくさんの出来事がありました。いや、苦しかったといっても楽しかった。企業経営は面白い。

スポーツとビジネスは似ている。共通しているのは、世界を相手に挑む大きな戦いで、最高のパフォーマンスにより、勝利を手に入れることを目指す点。

来客だけでなく、こちらから出かける用事も多いのですが、来客や外出の合間を縫って仕事するのは効率が悪い。来客や外出は、なるべく一日に集中してこなすようにしています。

話してみると第一印象とかなり違うということはよくあります。初対面での印象や、ちょっとした不愉快な出来事ですべてを決めつけてしまうのは、かなり危険なことでしょう。

人は意識しないと考えない。なんとなく過ごしていても生活できますから。でも、考えることで、ものの見方も変わりますし、これまで気が付かなったことも見えるようになる。

ページの先頭へ