内藤忍の名言|冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

暴走を止めるには、最悪の場合を想定し、ハイリスクの金融商品に投資する上限額を、事前に決めておくこと。「事前に」というのがポイントです。少しうまくいき始めると誰でも、「もうちょっと投資額を増やしても大丈夫では」などと考え始めます。そうやって落とし穴にはまる。冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事です。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

(株式投資をする際)まず、財務三表を読めるようになってください。そして自分で探した応援したい会社の財務の数字を同業他社と比較する。問題がないと判断したらほんの少し買ってみる。全てはそこから。

働く動機は、最初から大層なものである必要はありません。食べていくためでもいい、彼女といい店でデートするためでもいい。「青年よ、大志を抱け」とは私は言いません。現在のような、夢を持ちづらい時代にはなおさらです。身近で、ときに俗っぽい願いのほうがよほどやる気につながるでしょう。

企業のトップとは社会のリーダーだからです。これからの社会をつくっていく立場にあるリーダーだからこそ、真剣に考えていただきたい。

難しいのは、お客様の感性というのはある日突然変わるんですね。私の店だけ見ましても、「年末まではこうだったな」という傾向が、年明けにはがらりと変わったりする。

アメリカのゴールドラッシュでは、全員の目が金鉱に向かっているときに、違う視点を持った人が成功した。いまとなにも変わらない。

何かやりたいと思った時に、その切なる理由があるかどうか考えていただきたい。もし切なる理由が無ければ、それはやらない方がいい。というのも、何かを成し遂げようとすれば、当然上手くいくことばかりではないからです。大変な苦労や、悔しい目にも遭うことでしょう。でも、切なる理由があれば、何らかの障害が目の前に現れたとしても、折れることなく立ち向かい、きっと乗り越えられる。

もとから起業したいと思っていたわけではありません。治療する薬がない。そして誰もつくろうとしていませんでした。ならば私がつくるしかないと思い、起業に至ったのです。

社交生活や訪問や儀式やお祝いがいつも好まれるのである。それは幸運を演じてみるチャンスなのだ。この種の喜劇は間違いなく我々を悲劇から解放する。

力を尽くしてやった結果、会社がつぶれるのならともかく、何もしないでつぶしたのでは父(養父)に申し訳が立たない。

【覚え書き|社長就任当時を振り返って】

ひと昔前までは銀行に追いつこうと躍起になっていました。しかし、我々と銀行とでは規模も成り立ちも違います。株式会社である銀行にはできない、地域密着を極めたことをやる、そのためのまちづくり推進室であり、生き残りを賭けた挑戦でもありました。

ページの先頭へ