内藤忍の名言|冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事

暴走を止めるには、最悪の場合を想定し、ハイリスクの金融商品に投資する上限額を、事前に決めておくこと。「事前に」というのがポイントです。少しうまくいき始めると誰でも、「もうちょっと投資額を増やしても大丈夫では」などと考え始めます。そうやって落とし穴にはまる。冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事です。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業変革という観点から言えば、重要なのは目先の利益や認知度を上げるのではなく、その企業が高付加価値を武器にできるよう、組織全体のブランディング能力を高めること。

和田千弘の名言|重要なのは組織全体のブランディング能力を高めること


技術力は企業にとって、バランスシートには載らない、相続税がかからない相続財産です。次の世代に、確かな技術を伝えていかなければなりません。

川西勝三の名言|技術力は相続税のかからない財産


もし仕事で英語を使う機会がないなら、会議のノートを英語でとるといいでしょう。できれば退屈な会議がベストです(笑)。みんなが「早く終わらないかな」と思っている時間を、自分だけは有効活用できるわけです。わからない単語は電子辞書で調べ、単語登録し、繰り返し復習するようにします。しばらくこれを続ければ、会議で話される内容については英単語や言い回しが一通り身につくはずです。英語を使わない環境の中でも、自分の仕事で使う英語を実践的に学ぶことはできるんですよ。

金田博之の名言|仕事で英語を使う機会がない人が、実践的なビジネス英語を学ぶには


人目が気にならなくなる3つのポイント

  1. 会社でやりたいことができないなら自力でやる。
  2. 信頼する家族や仲間に認められれば、それでOKと考える。
  3. 「時代が自分に追いついてない」くらいの気概でいる。

古屋雄作の名言|人目が気にならなくなる3つのポイント


油ショックは産業構造を変えるための「陣痛」だな。だから油ショックを機会に、みんなが何とかしなければならないんだよ。

土光敏夫の名言|オイルショックは陣痛


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ