内藤忍の名言|投資の典型的な失敗例

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資を始めた当初は、多くの人が慎重に取引します。慣れてきて結果が出てくると、徐々に楽観的になり、リスクの大きな取引に手を出す。そして大きな損を出してしまうのが典型的な失敗例。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

急成長したEMS(電子機器の受託生産)は、今、正念場を迎えています。ライバルの戦略を追いかけるのか、それとも業界の枠から一歩飛び出し、全く新しいビジネスモデルを自ら作り上げるか。リスクもありますが、我々は後者を選びました。

衆知は勝手に集まってくるものではありません。「衆知を集めたい」という強い気持ちがあり、それがその人の態度や物腰に現れて、ようやく衆知が集まってきます。

サービスの種類だけでなく、実績や社内の経験・ノウハウを積み上げ、ストック型のビジネスモデルでサービスを進化させています。

「出身コミュニティや学歴に左右されない機会平等」も重要なことです。インド社会は日本と違い明らかな階級社会・学歴社会であり、MBAと中卒や高卒との溝は大きいですが、我々のカルチャーは違います。ソニー・インディアでは出身コミュニティーや学歴に関係なく、頑張った人や業績に貢献した人が平等に報いられる組織を目指しています。1500人の契約社員の中から、毎年5名くらいは正社員にも登用しています。さらに、透明性も重要なキーワードです。

夢を叶えるために一番必要なのは人です。自分の力では絶対にここまで来られなかった。チームがF1に参戦できたのも、僕の夢にみんなが賛同してくれたから実現したわけだし。

相手に予定を埋められていくのではなく、自分から積極的に予定(枠)を作っていくために、1年を俯瞰できる年間ページを活用しています。

ITバブルを体験して、私はバブルというものの両義的な性格を知りました。確かにひどい目に遭う人は少なくありませんが、バブルを非難すれば済むものではありません。ITバブルの崩壊後、すっかり値下がりしてしまった通信網が格安で貸し出されるようになり、それが様々なネットサービスの供給を可能にしました。グーグルやアマゾンといったプレイヤーたちは、ITバブルが招いた回線の過剰供給を背景に躍進したと見ることもできるでしょう。つまり、バブルは過剰供給を招くけれども、それによって商品価格の暴落=事業コスト低下が起き、新たな繁栄を呼び込むことになる。さらにいえば、バブル崩壊こそ次のバブルの火種となるのです。

重要なのはアトラクションの選択と集中ではなく、ひとつひとつが組み合わさって価値を生み出す相乗効果なのです。

これからの4年間、ロンドン五輪やリオ五輪とは異なる悩みが、私の前に立ちはだかると思います。そのたびに「自分は何者か」と問いながら、答えを見つけて乗り越えていきたい。そのヒントは周りにたくさんあると思う。

平均寿命で考えても、40代の人にはまだ30年、40年の時間が残されています。発想を変えてこれからも新しく何かを始めれば、もうひと山もふた山もつくれるかもしれません。坂を下るだけが人生の終わりではありません。

ページの先頭へ