内藤忍の名言|投資の典型的な失敗例

投資を始めた当初は、多くの人が慎重に取引します。慣れてきて結果が出てくると、徐々に楽観的になり、リスクの大きな取引に手を出す。そして大きな損を出してしまうのが典型的な失敗例。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

42歳で飲食業に飛び込んで、焦りはまったく考えていませんでした。人より遅いという意識は、周りと比較して生まれるものです。でも、本当に自分がやりたいことが見つかったら、周りを気にする余裕はないですよ。

中島武の名言|本当に自分がやりたいことが見つかったら、周りを気にする余裕はない


大人の場合、言い訳のコアにあるのは、「他責」であり、それは当事者意識の欠如の表れとも言えます。大人たちの間違った対応によって子どものころに備えた自己防衛本能が、やがて「常に自分に非はない」と思い込むメンタリティーに形を変えるのではないかと私は考えます。

山本直美の名言|他責は当事者意識の欠如の表れ


一番気を付けなければならないのは報告ですね。それも、相談するという形で報告するのが、一番大切です。

山下俊彦の名言|相談するという形で報告するのが、一番大切


西洋人にとっては「ユーモアがある」ということは道徳や道理をわきまえていることを意味し、「ユーモアがない」と言われれば人間的欠陥を指摘されるも同然の厳しさらしい。

浅野純次の名言|西洋人にとっては「ユーモアがない」と言われれば人間的欠陥を指摘されるも同然の厳しさらしい


人間関係こそがビジネスの基本。このことを、私は自分の探検人生から学んだ。

城谷直彦の名言|人間関係こそがビジネスの基本


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ