内藤忍の名言|投資の典型的な失敗例

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資を始めた当初は、多くの人が慎重に取引します。慣れてきて結果が出てくると、徐々に楽観的になり、リスクの大きな取引に手を出す。そして大きな損を出してしまうのが典型的な失敗例。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マーケティングは時代とともに進化を続けています。とくに、マーケティングの中における「ブランド」の位置づけは激変したと言っていいでしょう。私が『マーケティング・マネジメント』という教科書の第一版を書いたのは1967年のことですが、そのときにブランド論に割いたのはたったの2ページでした。「ブランドとは何か」について定義しただけです。正直なところ、ブランドが今日のように重要な要素になるとは想像すらしていませんでした。

代表監督に内定した2008年12月。その直後からロンドン五輪でのメダルを獲得を目標に置き、北京五輪で5位に終わった代表チームをどうつくりなおして、そこまで持っていくかを考え始めた。五輪でのメダル獲得を最終目標にして、そこから逆算する形でチームを強くするためにすべきことを考えていった。

ひとつの欲求から派生するあらゆるニーズをワンストップで提供できたら、お客さんは他に行く必要がない。

家族間のトラブルにおいては、まずお互いの意見を言い合うことがとても大切です。それがたとえ解決につながらなくても、関係性が改善する可能性は高くなります。お互いに自分の主張とその理由について、徹底的に相手の意見に耳を傾けることで、多少なりとも歩み寄ることができるからです。

やりたいことのひとつが、日本のフィットネス産業で働くインストラクターの教育です。日本のインストラクターは、就職したあとにあまり勉強しないんです。でも新しいメソッドや考え方は続々と生まれているので、それをキャッチしてセミナーを実施したり、実際にトレーナーを養成したりすることもできると考えています。

僕は今でも覚えている夢の半分は会社のことです。創業のころは8割が会社のことでした。「男は夜中にみる夢にまで責任を持て」とよく社員に言っています。日ごろから自分の会社と仕事を愛し、真剣に追い求めていれば夢にも現れるということです。そのぐらい真剣に取り組まないと大きな仕事はできません。

本当は技術力でいいものをつくらなきゃいけないんですけど、アメーバブログのスタート当時は技術がまだ弱くて、ほかの部分でカバーせざるをえませんでした。それで芸能事務所へ営業して回ることに。そこを一生懸命やっている会社がほかになかったから、まずはここだと決めました。

ページの先頭へ