孫正義の名言|挑戦する人にはすべてのチャンスがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに貧しい家庭に育っても、国籍が違っても、一生懸命努力すれば前進すると私は信じている。挑戦する人にはすべてのチャンスがある。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

研究者にはプレゼンテーション能力が必須です。そもそも研究成果を学会で発表するのにもプレゼン能力が必須ですし、研究費の獲得のためにもプレゼン能力が必要になる。

私が社内にいる機会は多くありませんから、なるべく全員に声をかけるようにしています。その際は一人一人、違った話題にするように心がけています。直接話せば、内容や受け答えの様子から、相手のコンディションが伝わってくるじゃないですか。ですから、「あれ、髪切った?」とか、「次のお休みはどこへ行くの?」といった些細な話題でも、とても大事にしています。

もともと私は「人と違うことをするのが好きだけど、それを人に笑われたらどうしよう」と、常に心配するシャイな人間です。日本では女子高育ちだったのでなおさら、「みんなと違うことをして目立つのはよくない」という固定観念を持っていたのですが、米国の自由な風土は、そんな私の心の障壁を取り払ってくれました。

造った人には壊すことは難しい。

ネット情報の問題点のひとつは、その情報に「ラベル」が貼られてしまうこと。たとえば竹田(恒泰)さんのことをネットで調べると、「右翼」「反中反韓」などというラベルが貼られた情報ばかりが出てくる。あるいは、「AKB」とか(笑)。こうした断片的な情報ばかりで、竹田さんのことをわかったような気になってしまうのは、非常に危険ですよね。

我々は在庫にしろアイテム数にしろ「無駄」で生きている会社なのです。POSシステムを一部の店に導入しましたが、売れ筋ばかりの店にすると面白くなくなります。効率や成長より、会社が続くことの方が大切です。

打込めることを真剣に探そうとすると真面目な人たちには、案外それが見つからないものです。見つけるにはコツがある。簡単なことです。好奇心を大事にすればいい。好奇心が湧き起こったら、とことん熱中してみる。これが近道であります。そうすると、「しないではいられないこと」が姿を現してくる。それでも、姿を現さないなら、ベビイ(子供)のころを思い出してみなさい。無我夢中で遊びや趣味に没頭したころを思い浮かべてみるのです。

人はなぜ話すのでしょう。自分が何か思っていること、感じていること、考えていることを伝えたいから話すのです。それには相手が聞き取れること、意味が解ることが重要です。

企画を通す立場の人は、企画の説明をされた時、何よりその企画のリスクを考えます。そういった目で見られていることを踏まえて、本当に伝えたいことのみを伝える、シンプルな企画書に仕上げることが大切。

我々は創業当時、「絶対に上場する」という錦の御旗を立てた。また、我々独自の新しいビジネスモデルを確立しようという、もうひとつの目標も掲げた。

ページの先頭へ