正力松太郎の名言・格言|後悔や愚痴は時間の無駄

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はよく「愚痴をこぼすな、くよくよ後悔するな」と言っている。第一に時間の空費だし、体も弱る。それに周囲を暗くするから、これほど馬鹿なことはないと思っている。


正力松太郎 の経歴

正力松太郎、しょうりき・まつたろう。読売新聞社主。東京帝国大学を卒業し、警視庁に入庁。警務部長時代に虎ノ門での祐仁親王狙撃事件が起こり、責任を取り辞職。経営危機に陥っていた読売新聞の経営改革を任される。経営再建に成功し、読売新聞を大新聞に成長させた。読売ジャイアンツの前身であるプロ野球球団・大日本東京野球倶楽部、日本テレビの創設者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

予防は治療に勝る。

思い切って毎日の仕事をすっかり忘れ、別な世界を積極的に作ってみることも心の健康を保つためには大切です。良い仕事をするために、働き盛りこそ仕事離れで心に風を通しましょう。

旅は私にとって精神の若返りの泉だ。

年寄りになったから遊ばなくなるのではなく、遊ばなくなるから年寄りになる。年齢を重ねても老人になる必要はありません。

痩せたいなら食べる量を減らして適度に運動する、飲みすぎが心配なら酒量を減らす。こうしたごく当たり前の方法が、結局は最も有効。

我々も健康経営を進めています。個人の健康と会社の業務は密接に関係するので、個人の健康のためには、仕事のやり方そのものを変えていかなければいけない。

快い眠りこそ、自然が人間に与えてくれる優しく懐かしい看護婦だ。

ページの先頭へ