孫正義の名言|償却前の営業利益に対して何倍まで借り入れるかが一番大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

負債の絶対額は基本的に問題ではなくて、償却前の営業利益に対して何倍まで借り入れるかが一番大事と思っています。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

バブルに踊り、日本経済や日本型経営を賛美するような本が相次いで世に出た80年代を通じて、日本はもう日本一になった、アメリカなどから学ぶものがないと驕り、次第に内向きになっていった。

実際に行動してみると、机上のプランとはケタが違う学びの量に圧倒されるでしょう。失敗しながら、少しずつ経験を積むうちに勘が働くようになり、独創的なアイデアが生まれ、その世界に「なくてはならない人」になります。そのような人が、壁を乗り越え、未来を拓く変革者になると思います。

年齢を重ねても、記憶力そのものが落ちるわけではありません。記憶の容量を箱になぞらえると、何歳になっても箱の大きさは変わりません。ただ、加齢とともに入り口のところが狭くなり、情報が記憶の箱に入りづらくなります。つまり年を取ると記憶を引き出せなくなるというより、最初から覚えないようになるのです。

経営者がどんなに高邁な思想を持っていても、事業から利益を得られなければ無意味です。ときには人員を削減しなければならず、そのときは身を削られるような思いにさいなまれ、自分の気持ちに反して非常にもならざるを得ません。

思い出に残っている仕事は40代初め、出光がプエルトリコで買収したガソリン販売会社の経営者として一人で赴任した3年間だ。中間管理職になり、上と下に挟まれて悩み、ぐらついていた時期で、「行ってからでも辞められる」と赴任したら、一人で何でもやらないといけない。完全に吹っ切れた。

今回の新商品の開発は、「おいしいご飯とは何か」という原点回帰から始めました。

反対意見が多いことほど、実行する価値がある。

入院生活で私が得たものは、人間は限界状況にならないと前身・進歩しないという結論でした。人間は本来怠惰なので、ギリギリのところで外から背中を押されないと、新たな一歩に踏み出したり変わったりできないもの。そこで私は、「自ら限界に追い込む」ことが大切だと考えて、この言葉を座右の銘のひとつとしたのです。

リーダーは一定の能力があるからリーダーになれたわけですが、テーマや分野によっては、自分よりも部下のほうがずっと高い知識や知恵を持っているというケースはたくさんあります。彼らの知識や知恵を引き出しながら、シナジーを創り出していけるリーダーが必要なのです。

(井深大とは)ケンカだってするんですよ。意見がそっくり同じなら、2人の人間がいる必要はないんですから。

ページの先頭へ