柳井正の名言|単純労働から知識労働に変わらない限り、付加価値を上げられない

このエントリーをはてなブックマークに追加

単純労働から知識労働に変わらない限り、付加価値を上げられない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

クライメットクリエイターが経営者だ。
【覚え書き|クライメットクリエイター=組織や場の気候・空気・雰囲気をつくる人】

原点をたどっていけば、すべては戦場に行きつくんです。
【覚書き:総合格闘技団体リングス設立の理由を問われての発言。】

日本の経営者には、リスクをとって挑戦するより、無難に経営をこなし、死ぬまで会社の鎧を脱がない人が多い。「第二の人生」では、もっと自由になってほしい。そうすればアイデアも生まれるはずだ。

ブランディングは、社会の中でどういう位置でどの程度の面積を占めているか、その領域をはっきりさせる作業。

将来性のないものは捨て(撤退し)ます。もうからなくてもとりあえず黒字なら残そうという昔の理屈はもう通りません。資本には限りがあります。効率よく使わないと。

中間管理職が部下を育てるためには「フィードバック」が有効。フィードバックとは、良くない行動を取っている相手に対して耳の痛い指摘をするとともに、正しい行動へと立て直すサポートをすること。

経営者は、単に新たな施策を自社に導入することに注力するのではなく、その新たな枠組み(パラダイム)をまず構築し、その中で新たな試みや施策を導入することが必要になる。経営者の仕事の重要な部分が、自社の社員がものごとを解釈するパラダイムの管理と変革ともいえよう。

お客様に直接お会いすることで、我々への評価を知ることができる。つまり、三和シヤッターという会社に、相手が何を求めているのかが分かるのです。机上で物事を考えるのではなく、現場に足を運ばなければ得られない、とても貴重な情報だと私は思っています。

1日の時間が足りないので、一度にふたつのことをやってみたくなる。いまはエアロバイクで運動しながら新聞を読むという芸を極めているところだ。マルチタスク(複数のことを同時に行うこと)としては、非常に実用的だと思うよ。

20代の頃から、競合相手が現れても負けないためにはどうしたらいいのか、競争力を失わないためにはどうしたらいいのかを考え続けてきました。その結果、電気やガスと同じように消えてなくなることのない、インターネットのインフラやサービスインフラに経営資源を集中させてきました。また、生き残るためにはナンバーワンでなければならない。そして、継続的に収益が入ってくるストック型のビジネスなので経営も安定します。

ページの先頭へ