森山直太朗の名言|原点の気持ちに返る

半年間ほど活動を小休止したとき、あえて音楽から距離を置き、友達に会いに海外に出たり、憧れだった山小屋を買って自然の中で暮らしてみたり。それにも飽きてついに手持ち無沙汰になって、「そもそも、何が楽しくて音楽をやっていたんだっけ?」。そんな原点の気持ちに返ることができたように思います。

森山直太朗 の経歴

森山直太朗、もりやま・なおたろう。日本のシンガーソングライター。東京都出身。成城大学経済学部卒業。歌手、作詞家、作曲家として活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社内人脈を構築するメリットはたくさんあります。例えば、情報収集に役立ちます。生々しい有用な情報は、新聞やネットからではなく、人から直接聞く場合が多いと思います。その情報提供者を「社外で探してこよう」と考えがちですが、実は社内の他部署や別の職種の人に聞いた方が、より深く正確な情報が得られることが多かったりします。

藤田晋の名言|社内人脈を構築するメリット


自社の中核(コア)技術を大切にし、どうしても足りない技術や経営資源は他社からの調達も視野に入れつつ、新しい製品を生み出し続けることが大切です。

延岡健太郎の名言|足りない技術、経営資源は他社から調達することも考えることの重要性


完璧を目指さないで、6~7割できたら先に進むのが、英語の勉強を長続きさせる秘訣です。

川本佐奈恵の名言|英語勉強を長続きさせる秘訣


現場の従業員に「寿司がいかに素晴らしい食文化か」ということは、繰り返し伝えました。自分たちが扱っている商品が、オンリーワンの価値を持ち、大きな可能性を秘めていることを話したのです。そう話すと、現場の寿司職人やスタッフもモチベーションを高めてくれます。

加藤智治の名言|やっている仕事の意義を訴えることの大切さ


わずかの時間でも暇があるならば、何かの本で文字の書き記されているのを懐中に入れておいて、人目を遠慮しながら読めばよいのである。文字というものは、寝ても覚めても常に手慣れるようにせねば、すぐに忘れてしまうものだからである。読むだけでなく、書く点においては、なおさらのことである。

北条早雲の名言・格言|本を常に携帯し、ちょっとした空き時間に勉強する


タイで工作機械の生産を始めるため、現地に駐在しました。ゼロから会社を立ち上げ、工場を建てるのが私の仕事です。最初に20代の若いタイ人スタッフを1人雇いましたが、彼はシチズン時計という社名も、工作機械がどんなものかも知りませんでした。不安もありましたが、幸いにも彼は正直で熱心でした。会社のこと、工作機械産業のこと、2人で毎日話し込みました。気がつけば、考えや目標を分かち合えていました。彼はいま、タイの現場をまとめてくれています。現地での4年間で学んだのは、顔を合わせて話すことの重要性でした。

中島圭一の名言|顔を合わせて話すことの重要性


どんな職業でも、いろんな経験をして、地獄の底を見ること。難局の最たるものは何なのか、その先にある破局までを実際に目で確かめるという経験は重要だと思います。

南淵明宏の名言|どん底を知ることの重要性


夢を忘れないために、いつでも見られる場所に表示して自分を奮い立たせています。いまの夢はこれなんだと何度も思い出すように目に付く場所に掲げるのがいい。

青野慶久の名言|いまの夢はこれなんだと何度も思い出すように目に付く場所に掲げるのがいい


最も長生きした人間とは、最も年を経た人間のことではない。人生を楽しんだ人間のことである。

ルソーの名言|最も長生きした人間とは、最も年を経た人間のことではない


部下を放任しすぎても、手を出しすぎても、やっぱり最後は自分に仕事がのしかかってくる。それが多くのミドルが疲れている原因だと思います。

山本真司の名言|多くのミドルが疲れている原因


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ