松下幸之助の名言|感謝の心が高まれば高まるほど、それに比例して幸福感が高まっていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

感謝の心が高まれば高まるほど、それに比例して幸福感が高まっていく。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成果を出している人を観察して、その人の真似をするのも有効です。その人の全部を真似る必要はありません。客先での話し方だけ、仕事で使っているツールだけ、というように、取り入れたいと思うところだけ真似れば良いのです。

雑談で質問をする際に心得ておいてほしいのは、相手の答えを狭めないようにすることです。たとえば、「出身地はどちらですか?」「スポーツはお好きですか?」という質問は、「○○県です」「はい・いいえ」としか答えようがありません。イエス・ノー回答や、一つの答えしかない質問法を「クローズド・クエスチョン」と言います。これでは会話はブツ切れになり、広がっていきません。「いろいろ質問をしているのに、会話が盛り上がらず、続かない」という原因はだいたいコレです。

企業の本質を見抜く目を養えば、投資の教科書に必ず出て来る「分散投資」などする必要はまったくなくなる。分散投資とは、投資対象を分散させることによってリスクを小さくするという方法だが、企業の本質を知って投資すればリスクは小さくなるのに、分散投資などする必要がどこにあるのか?

この世界に入ったのは30歳のときでしたから、自分には残された時間は人より少ない。「店を持つ」という具体的な目標もあったので、ダラダラする暇はないと思っていました。ですから、自分の仕事をなるべく早く済ませて、味見をさせてもらったり、「これやってみてもいいですか」と人の仕事をもらったりして、知識と技術を一日でも早く吸収しようと心がけていました。

出世街道から外れた、得意な仕事じゃないなどと余計なことを考えずに、与えられた仕事をしっかり受け止めていけば、40代でも、20代のころと同じように成長できるのではないかと思います。

企業は技術が主導の権力、価値構造になっている。組織の成功体験が組織内の権力体系をもたらし、根本のコンセプトの革新・改善はトップでも進めにくい。それでも、誰かが考えていなければいけない。

私は「いかがわしいことの中に真実がある」という言葉が好きなのですが、他人が避けるものの中にこそ真にやりがいのあるテーマが潜んでいます。

会話では「待つ」ということが大事だと思います。「相手の話したいことを話させてあげる」というのが、上手に会話を続けるポイントです。ですから、こちらが聞きたいことを聞くのではなく、相手が自分から話し出すのを待つことが必要です。

早朝8時から10時30分までの2時間半を活用して、濃厚なディスカッションを闘わせることで、自然に仲間意識も芽生え、トップと社員、社員同士の強い連帯感も培われていくのです。

下手に計算して仕事を取捨選択せず、目の前に与えられた仕事を懸命にこなし、人との出会いを大切にすることで道が開けるのです。キャリアづくりは偶発性だけに針路を委ねてしまうのではなく、ライフステージの節目においては自ら意思決定を行うことも必要だと思います。

ページの先頭へ