渡辺健太郎の名言|成功確率を上げる決め手

何かにチャレンジする精神的なハードルをいかに低くするかが、成功確率を上げる決め手になる。

渡辺健太郎(経営者) の経歴

渡辺健太郎、わたなべ・けんたろう。日本の経営者。「マイクロアド」社長。宮城県出身。東邦大学卒業後、大塚商会を経てサイバーエージェントに入社。大阪支社長、インターネット広告事業本部マーケティング部門統括、執行役員、アメブロ事業責任者、取締役などを経てマイクロアド社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

向こうの弱味を握ったらこちらは強い。弱み握られた時、人間ってゲームの仕方が下手なんですね。多くの人が誤魔化そうとするわけですね。相手は結構いい加減な事を言うから、当然ミスします。そこを突っ込んでいく。

当社は衣料品メーカーから商品を100%買い取っています。注文したものはすべて当社が引き取るため、作ったものが戻ってくる心配がありません。返品があると商品を運ぶための物流や事務処理などの追加コストが発生します。この追加コストがないため、メーカー側は安く商品を供給できるのです。当社と取引するのは楽だと喜ばれていますよ。返品がなければ、メーカーの担当者の業務量は減ります。返品や帳簿の書き方を覚えなくていいし、数量を数えなくても済む。戻ってきた商品を検品する必要もありません。売値は安くても、「しまむらさんとの取引はボリュームがあるからいい」と言ってもらえる。

野球選手は、高校時代にスーパースターだったとか成功体験をしてプロに入ってくる選手が多くいます。そういう選手は、どうしてもそのときのことが忘れられず、変化することを怖がって伸び悩む人が多いんです。

逆境に強い人がいるわけではなくて、逆境が人を強くするんです。

商社である伊藤忠商事にとって、人材、人脈は最大の財産です。商社で働くならば、モノにもお金にも企業にも、そして人間にも興味を持たなくてはなりません。人に興味を持つということは、イコール、人を好きになることです。メーカーのような技術がベースになっている企業と商社は根本的に発想が違うのです。

社員の働く喜びややりがいは、究極的には使命感のもと、皆が力を合わせて働くなかから生まれるのではないでしょうか。

「グローバルな仕事」といっても、結局は自分を相手に信頼してもらうことが何よりも大事。

まず交流することから始めないと、話し合いも始まらない。そういう意味でもスポーツ交流というのは重要だし、私の場合はキャラクターのおかげというのがあります。やっぱりモハメド・アリとの対戦が大きかったですね。キューバのカストロ首相をはじめ、世界各国の首脳は私のことを知ってくれてましたから。

「発表するからには、それなりのレベルにしないとまずい……」と思うかも知れませんが、その考え方は、良いアイデアを生み出すどころか、障害になると言っても過言ではありません。会議の参加メンバーが、あなたのアイデアに触発され、違うひらめきをして、面白いアイデアがその場で生まれてくることもあります。人に見せなければ、このような機会も失われます。これは大きな損失でしょう。

お客さんの声を信じて、大切にしていればいい。キティをこうしてほしいという声をしっかり聞くことがすべて。

ページの先頭へ