渡辺健太郎の名言|成功確率を上げる決め手

このエントリーをはてなブックマークに追加

何かにチャレンジする精神的なハードルをいかに低くするかが、成功確率を上げる決め手になる。


渡辺健太郎(経営者) の経歴

渡辺健太郎、わたなべ・けんたろう。日本の経営者。「マイクロアド」社長。宮城県出身。東邦大学卒業後、大塚商会を経てサイバーエージェントに入社。大阪支社長、インターネット広告事業本部マーケティング部門統括、執行役員、アメブロ事業責任者、取締役などを経てマイクロアド社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

再チャレンジを恐れず、他社から欲しいと思われる社員になれ。

今までやってきたことを続けていくのでは、「より良い」になりません。常にチャレンジしていく必要があります。

工夫しながら、常に「右肩上がりの仕事」をすべき。昨日と同じ仕事でも「今度はこうしてみよう」とチャレンジし続けることが大事。

私たちは未来のリーダーを育てていかなければならないのです。そのためには、候補になる人間を人事部や総務部の椅子に座らせておくだけではいけません。一番難しい前線に送り出してこそ、人は鍛えられるのです。未来のリーダーは今日の挑戦に応じることで育ちます。潜在的な能力がある人ほど、難しい挑戦をさせるべきです。リーダーは一番きつい仕事によって育ちます。

部下がどれだけその仕事に執着できるかどうかは、上司の姿勢如何。とにかくバットを振らせる。チャレンジの場を与えることが必要。

重役とは、未知への探求をする役である。重役が未知の探求をしないで後始末ばかりしている掃除屋であってはならない。

会社として環境の変化に対応していく、チャレンジして自らも変化していく。

ページの先頭へ