渡辺健太郎の名言|成功確率を上げる決め手

何かにチャレンジする精神的なハードルをいかに低くするかが、成功確率を上げる決め手になる。

渡辺健太郎(経営者) の経歴

渡辺健太郎、わたなべ・けんたろう。日本の経営者。「マイクロアド」社長。宮城県出身。東邦大学卒業後、大塚商会を経てサイバーエージェントに入社。大阪支社長、インターネット広告事業本部マーケティング部門統括、執行役員、アメブロ事業責任者、取締役などを経てマイクロアド社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今まで日本人が考えもしなかったもの、日本人の精神風土にはなかったものに、私はあえて挑戦し続けてきた。ユダヤという言葉の持つイメージが、日本人好みではないことは承知している。しかし、マクドナルドが成長し、私の著書の信奉者が増えるにつれ、私の商売上の教えを請おうとするものが後を絶たなくなったのも事実である。もう一度言おう。ビジネスは勝てば官軍である。勝つこと、つまり儲け続けることが企業の命題であり、資本主義の原則なのである。

チャレンジが特別なことだと思っている限り、いくら頑張ってもきっとうまくいかない。

困難な目標を、戦略を立て、短期間で達成していく姿を見せることで、社員個人のチャレンジにつなげてもらいたい。

80代になっても、90代になっても、生きている限り挑戦は続けますよ。チャレンジのない人生なんて、全然面白くないからね。

人のやらないことをやらないといけません。これがチャレンジ精神であり、「やってみなはれ」精神。

経営というのはずっと同じ事をやっていたらいつまでも守備に徹してしまいます。チャレンジしていかないと、成長もしません。

苦悶や孤疑や、不安、恐怖、失望、こういうものこそ人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七十であろうと、十六であろうと、その胸に抱きうるものは何か。いわく、驚異への畏敬、空にきらめく星々、その輝きにも似た事物や思想に対する憧れ、事に処する剛毅な挑戦、子供のごとく求めて止まぬ探究心、人々への喚起と興味。

市場の活性化のためには、あえてリスクを背負い、チャレンジする人材がなくてはなりません。

可能な限り失敗は回避すべきですが、チャレンジと失敗は隣り合わせです。必要以上に恐れてはいけません。

私たちは未来のリーダーを育てていかなければならないのです。そのためには、候補になる人間を人事部や総務部の椅子に座らせておくだけではいけません。一番難しい前線に送り出してこそ、人は鍛えられるのです。未来のリーダーは今日の挑戦に応じることで育ちます。潜在的な能力がある人ほど、難しい挑戦をさせるべきです。リーダーは一番きつい仕事によって育ちます。

ページの先頭へ