枡野俊明の名言|自分が良いと信じて選んだものこそ、幸せにつながる

人と比べて決めるものではなく、自分が良いと信じて選んだものこそ、幸せにつながる。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「プロとして精一杯のサービスを提供し顧客を満足させる」。こう覚悟したら、仕事が楽しくなった。

結局、歌舞伎って、好きになるか嫌いになるかの両極なんです。芸能としては優れたものだから、はまる人は絶対にはまる。

日本は大手信仰がありますが、ゼネコン形式で専門性は育ちません。また、経営者の目も行き届かない。

格闘ゲームの世界は理詰めです。こうすれば有利に物事を運べる、というセオリーがあります。しかし、セオリーにはまってしまっては、成長できません。

何でもちょっと教わっただけですぐにできてしまう人は、何にも身につかないで終わってしまう危険性がある。量がこなせないから基礎が身につかない。だから最終的には、安定的に好成績を収めることができなくなる。

上司がイライラしがちな職場では、上司と部下のコミュニケーション量が少ない傾向にあります。コミュニケーションが少ないと、部下は「自分は上司に嫌われている」「ダメな部下だと思われている」と感じ、仕事に対して後ろ向きになります。それを見て、上司はまたイライラする。そんな悪循環に陥っている職場は非常に多いのです。

なかなか結果が出ない人ほど、過去の失敗にとらわれている場合が多いように思います。「あの時、ああしなければよかった……」と、取り返しのつかない失敗に引きずられて前進できなかったり、変化することを恐れたりする。いくら悔やんでも過去は変えられません。

クライアントには「そもそも課題が分からない」という悩みも多いです。

コマツアメリカの社長をしていたころ、オフィスから150マイル(約240キロメートル)ほど離れていた工場に何度も足を運ぶうちに、「社長は3回現場に来て終わりだろう」と思っていた現場にも本気度が伝わったようだ。品質か徐々に改善。同時に鉱山機械市場が回復し、売上が伸びていった。

パッション、執念が重要です。何かしらの企画を提案した場合、一度や二度認められなくても手を変え品を変え、二度、三度とアタックしてみる。それくらいの熱意があれば、人を動かす力が言葉にもこもります。

ページの先頭へ