枡野俊明の名言|自分が良いと信じて選んだものこそ、幸せにつながる

このエントリーをはてなブックマークに追加

人と比べて決めるものではなく、自分が良いと信じて選んだものこそ、幸せにつながる。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

個人の「思い」がなければ、新しいものは生み出せない。

相手からの信頼を得るには、積み重ねが必要です。今までどれだけの約束を守ってきたか、また、行動にブレがないかなどを、時間をかけて積み重ねて築いていくものです。しかし、初対面の場面では、自分の感情をより素直に出すことが、相手を動かす鍵になると思います。

必要とされなければ、どんな組織でも人は生き残れない。「人の役に立つ」という視点を意識して働くことも大事。

現場にはトップと別の意見があるかもしれません。もしそれが聞くべき内容ならきちんと耳を傾けるべきですが、「社長が決めたことだから」と有無を言わせず強権発動するような「虎の威を借る狐」では人はついてきません。

私は心地よさや幸福などを人生の目的だと思ったことは一度もありません。私はこれらを「豚飼いの理想」と呼んでいます。

三菱商事に入社してから、社内の人と飲みに行くということはあまりありませんでした。代わりに外部の人とはよく勉強会をやっていました。

ポンポンとテンポの良い会話が心地よい人もいれば、頭の中で確認しながら話す方が理解しやすいという人もいます。この違いに無頓着だと、なかなか会話が深まらないのではないでしょうか。相手と自分ではリズムが違うなと感じたら、なるべく相手に合わせるようにする。これはとても大事なことだと思います。

ページの先頭へ