枡野俊明の名言|自分が良いと信じて選んだものこそ、幸せにつながる

人と比べて決めるものではなく、自分が良いと信じて選んだものこそ、幸せにつながる。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

米国セブンイレブン買収のプロジェクトに参加したとき、小さな用品店から一大グループ企業を築くあげた創業者の伊藤雅俊氏、コンビニエンスストアという新しい業態のビジネスをゼロから立ち上げた鈴木敏文氏の謦咳(けいがい)に接し、商社のような大組織の中では想像もできないものごとの考え方に衝撃を受けた。
【覚書き|謦咳(けいがい)に接する=尊敬する人に話を直接聞く】

自分が未熟であることを知っているということが本物に通ずる。

継続していること、永く続いていることが正しいとは限らない。敢えて継続していることは悪いことである、非効率であると割り切って、これを見直す活動を善としたい。

世話になった人から押し付けられた無理難題を断るときは、会社の方針とか、その場にいない上司などを理由に依頼を断るといいでしょう。たとえば「この規模の案件だと本部長に相談する必要があるので、明日まで待ってもらえますか」といったん告げて、翌日、「申し訳ありません。本部長に相談したのですが、その条件ではちょっと呑めないという結論になりました。お力になれなくて大変残念です」とやるのです。もちろん、本部長に相談はしなくていいのです。一晩くらい寝かせて、自分も努力したことをわからせる方がいいのです。

長く続いている企業を調べると、たとえ過去に革新的なイノベーションを起こしていても、その成功体験に安住することなく、未来を見据えて次の手を打っている気がします。これからの社会を担う若者たちには特に、好奇心を持ってチャレンジしてほしい。

数値を出さない限りは、上司は耳を貸さないでしょう。意思決定の論拠を持ち出しましょう。

子供の親御さんから「うちの子はやる気がないんですけど、どうしたらいいでしょう」という相談を受けます。そこで私が、「365日ずっとやる気がないですか?」と聞くと、「そういえばクラブだけは一生懸命やってます」などと返ってきます。どんな人間にもやる気があって、そのスイッチがオンになっているときと、オフになっているときがあると私は思っています。そのスイッチがいつオンになるかは人それぞれなので、こちらのタイミングややり方を押し付けるのはよくないとも感じています。

安すぎると顧客が気持ち悪いと感じて来なくなってしまいます。常連客になるのは、店の商品や価格が理解できて、そこに満足できる人たちです。ここはこうやって一生懸命やっているから他店よりも安い。だから私はこの店で食べる、と。つまり、価格というのは値ごろ感を感じるギリギリ高い価格で決めるのがいいんです。

起業して事務所を設ける際は先輩のアドバイスに従い、1年半は満足に仕事がない状況を想定しできるだけローコストで済ませました。こうしたアドバイスのおかげでうまく立ち上げられたと思っています。

重要なのは、ドラッカーの言う「選択と集中」です。まさに、選択しなければなりません。ただ、日本の企業が間違っているのは、選択できない人に選択させていることです。選択できる人を育成する必要があります。

ページの先頭へ