ピーター・ドラッカーの名言|時間の使い方は練習によって改善できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間の使い方は練習によって改善できる。だが、たえず努力しない限り仕事に流される。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社にとって社員は最大のリソースですから、社員同士が話をして、ナレッジを共有することは非常に有益。

手書きのハガキは、「自分に必要な人、自分を必要としてくれる人」を見つける道具なのです。

「自分にとっての揺るがい信念とは何だろう」「自分の根底にある価値観や目標(ゴール)は何だろう」と、自問してみるといいでしょう。そうすれば、「よし、この点に関してだけは、批判や異論に負けないようにしよう」と、グリット(やりぬく力)を貫くことができます。

かつて豊かさとは大量消費を指していた。だが、日本は人口減少に直面して、世界で初めて新しい豊かさに気付く。その価値観を輸出すればいい。

商談でまず伝えるべきなのは、「訪問の目的」と「商談にかかる時間」です。顧客が初対面の営業マンと会うときにもっとも気にするのは、「何のために営業にきたか」ということです。それが不明確だと、「無理に何かを買わされるのではないか」といった不安や警戒心につながります。ですから商談の席に着いたら、「今日は、先日発売になった新商品の紹介でうかがいました」などと、訪問の目的を明確に伝えましょう。そして、「30分だけお話ししてもよろしいですか」と、面談の終了時間についてもはっきりさせておきます。どんな活動でもそうですが、終わりの時間がわかるとそれだけで相手は安心するものです。その安心感があれば、「30分」といって始めた商談が、1時間以上になることも珍しくはありません。

百貨店は将来もなくならないでしょうし、努力をすればもっと経営効率を高めることもできるでしょう。けれど、成長の余地は限られています。我々が今後も成長を続けるには、ビジネスラインを広げる必要があったんです。
【覚書き|パルコを700億円で買収した理由を尋ねられての発言】

定期的なミーティングはマストだと思っている人も多いですが、単なる決定事項の報告に終わっているケースが多々あります。ただの報告ならば、わざわざメンバーを集める必要はなく、電子掲示板などで情報共有すればすむ話です。そういう機能が社内になければ、資料の配付でもいいでしょう。インターネットが発達していない時代は、情報共有のための顔合わせは重要でしたが、今は必ずしもその必要はないのです。

技術者を優遇しないと会社はよくなりません。研究費の方は、ひとつできるだけ出してください。
【覚書き|大同電力出向時代、同社の福沢桃介社長に言った言葉】

最近の学生はハングリー精神が足りないかもしれませんが、私たちより飛び抜けて優秀な人たちもいますから、彼らが何をやってくれるのか、私はすごく楽しみです。

チャレンジする心、勇気がなければ、変革は起こせない。

ページの先頭へ