柳井正の名言|すべての企業が新たな創業期

このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての企業が新たな創業期。我々もいま、創業している最中。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「正解はないんだということ」「相手が僕の意見を受け入れてくれなくてもかまわないということ」。この2つのスタンスを意識しています。「この問題について、僕はこう思っています。だからといって、みなさんがそう思う必要はないんですよ」ということですね。こうあるべき、こう考えてください、と書いたら、読み手は「考えを押しつけられている」「正論を振りかざしている」と感じてしまうでしょう。それよりも、「なるほど、そういう考え方もあるのか」と思ってもらえたほうが良い。みんながさまざまな意見を持ち寄って議論を交わし、ひとつの方向性を生み出していくというのが、問題解決というものだと僕は思います。僕の意見は、あくまでもその中のひとつとして提示できたら良いな、という姿勢です。

「仕事なんてつまらないものだ」と斜に構えている社員は、上司や会社、そして何より本人にとってももったいない。本気で仕事に打ち込むのは誰にとっても喜びのある体験だからです。表と裏を使い分ける部下は扱いづらい人間だと思いますが、部下に仕事の面白さを伝えることは、上司の重要な仕事です。早いうちに手を打つべきでしょう。

あなたがたの中で幸せになれるのは、どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、ついにそれを発見した人々だけである。

独自の文化や思想を継続しつつ、様々なチャレンジをしていきたい。会社にその思いは植え付けられています。

成熟化時代の生活者は、モノの持つ機能だけでは興味を示さない。つまり、私たちがこれまで売り文句にしてきた「軽いですよ」「丈夫ですよ」といった価値には、もう目が向けられなくなったということです。

リスクマネジメントの基本は、いかにリスクを察知して迅速に判断するかということです。

多様性のある場があれば、そこで異質の才能がぶつかり合う「共創」によるイノベーションを起こすことができる。

ページの先頭へ