柳井正の名言|社員の習慣や仕事のやり方の見直しが、大きな挑戦になる

最も大きいのは社員の意識の問題。物理的なことよりも、社員の習慣や仕事のやり方の見直しが、大きな挑戦になる。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分や自分が大事にしている家族や恋人がこんな境遇に追い込まれたらどうなってしまうのか。小説という虚構の世界を通じて、読者に登場人物と同じ体験をしてもらう。そうすれば、読んだ人は自分のこととして感じたり、考えたりすることができる。

断るための前提は、断らないこと。私はこう逆説的に表現しています。最初からできませんと突き放すのではなく、まずは相手の話をしっかりと聞き、条件を詰めていく中で妥協点を探っていくのです。それでも無理とわかったとき「今回はできません」となるのです。

考えさえすれば、何かしらの方法が見つかるもの。

リーダーが学術的な意味で何かの専門家である必要はありません。経営トップ層に必要なのは、学術的なトレーニングを通じて、自分が何を知らないのか、何が不得意なのかを認識することです。

三菱に入ったら、真っ先に「どんなところで働きたいか」と聞かれたから「できるだけ難しいところにやってもらいたい」と答えた。

ANAは常に逆境に挑んできた会社です。その精神は、これまでずっと引き継がれてきました。国際線事業は、その象徴です。

段取り下手な人は、仕事を始める前に「TODOリスト」を書き出し、優先順位をつけましょう。このプロセスを経ることで時間が格段に節約できます。ときおりリストを眺めて、進捗状況を確認しましょう。優先順位をきちんと守れているか、チェックすることも忘れずに。

企業は青春でなければ駄目です。青春とは逵巡しないで足がポッと前へ出ること。停滞しないこと、勇気でしょう。

子会社はなるべく作らない。小さな企業体にした方が環境変化に適合させやすい。

コミュニケーションやヒューマンスキルだけでは限界がある、この気持ちの変化をグラフや図表にする、可視化することによって一目で分かるようになりました。

ページの先頭へ