稲盛和夫の名言|誰にも負けないぐらいの努力をせよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも負けないぐらいの努力をせよ。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業を始めた時には必ず壁にぶつかりますが、私はそれで良いと思っています。壁にぶつかってみて初めて分かることの方が多いのです。自分が自信を持てるアイデアがあるなら、まずは実行してみて、問題が生まれた時にすぐに対処すれば良いのです。

我々は「グループ制」と呼んでいるのですが、各校舎の生徒をいくつかのグループに分けます。そして生徒の中からグループ長を決め、グループごとに学習量を数値化した「向上得点」というものを競わせます。成績が悪かったグループのグループ長はメンバーに「次は頑張ろう」と声をかけて、お互いにフォローしながら勉強するのです。このやり方だと、全員の成績が向上していきます。

いま思えば、最初の上司が仕事のできる人でラッキーでした。某家具店の店長とやりあい、「正当な取引をしてもらえないなら、商品を引き揚げます」と啖呵を切って帰ってしまったことがあるんです。顛末を上司に報告したら、「会社の姿勢をきちんと示した君は偉い」と褒められました。ところが続けて、「が、いまからもう一度行って取引を再開してもらえ」と言われたんです(笑)。最終的には土下座して謝ったら、先方も「君の真剣な気持ちがよくわかった」といってくれ、逆に関係が良くなったなんてこともありました。あの時期、営業の基本を現場で教えてもらったのは、大きかったです。
【覚書き|大学卒業後入社した家具製造会社マルイチセーリング勤務時代を振り返っての発言】

改革には光と影があります。合理化と事業撤退で巨額な特別損失が発生し、売上高も一時的に急減する痛みを味わいました。一方、新規投資が順調に育ち、経営基盤が抜本的に強化されました。改革の社風が浸透してきたことは最も重要かつ本質的成果でした。

「自分の仕事が会社の中でどう貢献しているのか」を考えることが大切です。例えば私が長くいた経理部門は単純作業も多くつらいこともありますが、約2兆円の売上高に自分の役割がどう貢献しているのかを常に考えることでやる気がわいてきました。

ヤフーという会社はもともと「世の中の課題をITで解決できるということを信じる人が集まる場所」でした。それが、事業が多角化する中で、目的や課題を明確にして取り組む姿勢が薄れてきていました。成長率も「景気が悪いから1ケタで仕方ないよね」という空気が社内全体に流れていた。本来であれば、儲かるからやるというより、社会の課題を解決するためにやる。そのためにお金がいるので、しっかり儲けよう、という話になります。そうあるべきだし、これからもそうありたいと思っています。

私もコンサルタントになったばかりのころは「枝葉の男」と呼ばれて、手当たり次第に情報を集めて細かい分析をする方だったんです。先天的に仮説思考を備えている人もいますが、私の場合、先輩コンサルタントに教わって、後天的に身につけました。

上手くいっている会社の経営者はそれこそ数字に強いというか、数字の間違いにいち早く気づきます。必ずしも統計や財務に明るいというわけではありません。しかし、担当者が出してくる書類の数字の誤りをパッと見て気づきます。

ベンチャー企業家は淘汰され、いくつもの企業が生まれ、死んでいくのがベンチャーの世界です。したたかに生き残っていくには運と自己変革が必要です。失敗しても何度でも立ち上がらなければなりません。そのためにも折れない心を鍛えようとして、トライアスロンなど自己鍛錬を兼ねたスポーツをやる社長が多い。それを乗り越えることで、また自分に自信を取り戻すことができるのでしょう。

更年期の「更」は「あらためる」と読み、元来、「刷新する」とか「よみがえる」という意味。つまり変調の症状は、「そろそろ生活を刷新してよみがえる時期に来ましたよ!」というサインと捉えることができる。

ページの先頭へ