佐藤大介の名言|大事なことを伝えるには、信頼し合える人間関係の構築が何より大切

大事なことを伝えるには、信頼し合える人間関係の構築が何より大切。独りよがりではダメ。

佐藤大介(ホテル経営者) の経歴

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今、改革をやらないと成長がおぼつかないし、ゼンショーは脱皮する時期にきている。

小川賢太郎の名言|改革をして脱皮することが大切


KFC(ケンタッキーフライドチキン)が使う鶏肉の量は、国内の供給量の7%を占めるんです。ですから、KFCがキャンペーンすると市場の価格が変動します。パート(肉の部位)によっては1%を超えている鶏肉のシェアをどんどん大きくしていきたいと思っています。

大倉忠司の名言|市場価格に影響を与えるような規模の需要家になる重要性


50代半ばからは事業立ち上げや企業再生に携わってきましたが、ここで比較的短期間で成果を出せたのも、ひとつひとつの会社でじっくり腰を据えて仕事に取り組んだ経験がアウトプットにつながったからかもしれません。

新将命の名言・格言|過去に腰を据えて取り組んだ仕事が活きてくる


興味を持ち続けるためには、同じことに取り組むにしても、新しいことや違うことを見つけ出そうと心がけることが大切。

アンジェラ・ダックワースの名言|興味を持ち続けるためには


上に引き立てられるのは、常に自分は見られていることを適切に意識できている人間。

田島弓子の名言|上に引き立てられるのは、常に自分は見られていることを適切に意識できている人間


私は情報の一元化、集中管理が肝要だと思います。情報を一箇所に集めて、決断すべき人が決断すればいいのです。

竹中平蔵の名言|情報の一元化が大切


アイデアを生み出すときに大切なのは「集中とリラックス」のバランスです。アイデアは、基本的に脳がリラックスしている状態でないと、生まれません。脳にはデフォルト・ネットワークと呼ばれる回路があり、脳内をぐるぐる回りながら、何か面白いことがあるとピックアップしてくる働きを持っています。たとえば、何時間も考え抜いた末に疲れ果てて、お風呂に浸かった瞬間「ひらめいた!」となるのが「デフォルト・ネットワーク」の効果です。

茂木健一郎の名言・格言|アイデアを生み出すときに大切なのは集中とリラックスのバランス


よくある輸入割り箸は漂白されて真っ白です。でも天然のスギやヒノキを無垢のまま使った割り箸は、都市と地域の森をつなぐツールになります。日本人が消費する割り箸は年間250億膳。国民全員が2日に1回以上使う計算です。日常的に森の香りがする割り箸を使っていたら、都市生活者が普段忘れがちな森とのつながりを思い出すことができるはず。結果的に地域の問題にも関心を寄せることになります。

竹本吉輝の名言|割り箸は都市生活者と地域の森をつなぐツール


苦しさとうれしさは紙一重。楽じゃないですよね。休みなしに働いている感はありますし、休んでいる時も何か考えている。

糸井重里の名言|苦しさとうれしさは紙一重


日本の人口が減ることはもちろんマイナス要因ですが、我々の業界にとっては人口のボリュームもさることながら、「人が動く」ことがより重要なのです。人が動き続ける限り、ビジネスチャンスはある。利便性の高い地域に人口が集中するということは、言いかえれば利便性の低い地域から高い地域へ「人が動く」ことに他なりませんから、そこには大きなビジネスチャンスがあるわけです。「人が動く」ことと同時に、「住まい方」の変化も、我々にとっては大きなビジネスチャンスを生むものです。

三枝利行の名言|人が動き続ける限り、ビジネスチャンスはある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ