孫正義の名言|数字の裏付けのない資料の価値は、ゼロに等しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

数字の裏付けのない資料の価値は、ゼロに等しい。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

失ったのは財産だけではないか。その分だけ経験が血や肉となって身についた。

8番バッターが、常勝チームの名監督に育つこともある。8番バッターは花形ではなく、かつ現場では目立たない選手かもしれません。しかし、適切な舞台さえ用意すれば、大きく化ける可能性が十分にあります。とにかくチャンスを与えるために、管理職への若手の登用を意識しています。

仕事ができる人は、交渉やプレゼンテーションの場で、相手との「ベクトル合わせ」をしっかり行います。例えば、社外コンペなどで選ばれる人は、相手のことをよく理解していたり、自分が相手の味方であることを伝えるのがとてもうまい。たとえ自分の考えと多少違っていても、「そういう見方もあるな」と考えて「確かに」と賛同したりする。これは相手とベクトルを合わせようとする意識があるからこそできるのだと思います。

僕にも長期的な夢や目標がありますが、とにかく目の前の仕事を誠心誠意一生懸命やる。そして、そのなかで小さな快感(達成感)を得るようにしています。小さなステップを着実にクリアしていくことで、ある時にグンと能力があがり、大きな目標に近づくことがあるんです。

成功している人にはもちろん、なかには失敗した人にも、直接会いに行って、話を伺いました。その結果、成功と失敗を分かつのは究極のところ「運」だということが分かったのです。成功者はとにかく運がいい。偶然いい人と出会ったりして、ピンチをチャンスに変えることができるのです。運がいい人というのは、感性がいい。第六感が冴えているのです。それに、人が寄ってくるような人間力がある。

利他と利己は本来一つと考えていい。仏教でいう自他不二です。

当社が力を入れている先端分野は変化のスピードが速い。これに付いていくことは大変ですが、やりがいも大きい。

私は何度も倒産、失業の経験をしていますが、失業保険をもらったことはありません。再スタートを切るなら、早いほうがいい。保険をもらって、雨宿りをしている数か月のうちに雨がやんで晴れることなんてありません。可能な限り早く、歩き始めるのが正解。失業保険は持ち歩ける傘にはなりませんから。

経営者は「育つ」のであって、他人が「育てる」ものではありません。一人称、つまり自分自身の意志や努力で育つべきであり、誰かが自分を育ててくれると考えているようでは、まともな経営者になれないでしょう。経営者自身に学ぶ姿勢が必要なのです。

今は社長自身が自分の言葉で語ることが求められています。社の内外を問わず、隠されたり、守られたりすることはなく、常に評価されます。

ページの先頭へ