シェイクスピアの名言・格言|時代の流れに乗れ

人間の生活においても、ある種の潮流がある。満ち潮に乗れば、幸運に導かれる。無視をすれば、人生の旅は苦しみの浅瀬に漂うだけとなる。私たちはいま、そういう海に浮かんでいる。だから、その潮流に乗らなければならない。さもなければ、賭けているものをすべて失くすことになるのだ。

シェイクスピア の経歴

ウィリアム・シェイクスピア、16世紀のイギリスの劇作家、ハムレット・ロミオとジュリエット・マクベス・リア王・ヴェニスの商人そのほか数多くの傑作を生み出す。最も優れた英文学の作家と評される人物。後世の作家に大きな影響を与えた

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社会だ、世渡りだ、周りの目だ、お金だ……、そんなものに引っ張られると弱くなっちゃいますよね。

昨今は社員に対する投資という責務を果たさない経営者が「私の若い時はこうだった。だから、従業員にもそうあってほしい」などと一方的なことを言っている。従業員を育てる努力をせず、「何で君は育たないんだ」と言うのは筋違いですよ。

我々は複数の顧客と付き合っており、どこか1社だけの話で新技術の動向を判断せず、市場全体の動きやトレンドを見極める必要があります。様々な情報から「次はこれが伸びる」という分野が見えてくる。

ある時、営業マン向けの研修で心理学の先生に「この商品では売れないとか、この店は初めからダメだとか、マイナスの思いを持っていると、行動も必ずマイナスになる」と教わりました。確かにそういう部分はありますね。「この人を何とか口説き落とそう」「この店にウチの商品を置いてもらおう」。そう思って集中していると、攻略のための知恵が自然と沸いた覚えがあります。

投資を始めるに当たって、多くの人は相場や銘柄について勉強しますが、自分自身についての理解を深める努力が欠けています。孫子の「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」という言葉を思い出してください。

信託銀行は財産管理業だと考えています。現在信託銀行の本来業務である財産管理部門に力を入れ、経営資源を重点的に分配しています。

マッキントッシュやiPhoneなどの商品を次々と生み出したアップル社のように、ひとつの企業で素晴らしいモノを作るクローズドモデルが成功するケースもあります。ただ、サンリオが同じことをできるのかと考えたとき、いろいろな人が時代に合わせて商品を変えていき、それをスピーディに経営に取り入れるオープンイノベーションのほうが、現時点では成長を持続できると私は判断しました。

楽観というのは意思である。

貯蓄できる人は、時間の管理もできるし、お金の管理もできる。自身をコントロールする力がある、という証しです。高収入の人でメタボに陥っている人は少ないのではないでしょうか。

成功を重ねるうちに謙虚さは往々にして失われる。組織の上に行けば行くほど、周囲からは耳当たりの良い情報ばかり入るようになります。そして自己のイメージに合わないフィードバックは否定しがちになる。また、周囲も力を持った人に真実を伝えにくくなってしまう。

ページの先頭へ