ロバート・ブラウニングの名言・格言|我欲を超えて生きることで充実感を得られる

心が切望する充実感を与えてくれるものがある。それは愛情を示すことによって、自分自身を超えて生きることである。このことを実践できれば、喜びを得られる。しかし、この教訓を学ぶことには、ゆっくりとした難しいプロセスが必要である。

ロバート・ブラウニング の経歴

ロバート・ブラウニング。イギリスの詩人。ビクトリア朝の最盛期の詩人。父から譲り受けた財産をもとに、人生を詩作のみにささげた人物。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕が若者に言えるのは「いまの自分は何者でもないし、平凡な人間なのだ」とまずは気がつくことが重要だということだ。本来の意味での可能性はむしろ、そう気づいたところからはじまる。漠然とした幻想ではなく、本当に自分がやりたいことを見据え、そのためにいま自分がやるべきことは何かを見定めることから、やり直すべきだ。

押井守の名言・格言|自分が平凡な人間だと気づいた時に可能性が開ける


人間、貧乏であろうと、少しも慌てることはない。目的をもって生きる、信ずるところに生きる、修養につとめる、そこにおのずから積極的な人生の楽しみが生まれてくるのだ。

伊藤肇の名言・格言|貧乏でも慌てず、目的に向かって生きろ


人生に執着する理由がない人間ほど、人生にしがみつく。

エラスムスの名言・格言|人生に執着する理由がない人ほどしがみつく


チャップリンは幼少時代ひどい苦労をなめた。貧しさのあまり頭が変になった母とチャップリンは二人暮らしになった。父を5歳で失った時に母は発狂した。腹違いの9歳の兄はこの家から逃れて船のボーイになった。5歳のチャップリンは食べるものがなくなってマーケット裏に捨てられた残飯を拾ったこともあったという。その苦労がのちのチャップリン喜劇の中でいかに生きて描かれているかがわかるのである。それにこの母が実は偉かったのである。気が鎮まって生気を戻すと、小さな我が子を枕辺に呼び「イエス様はお前が運命をまっとうすることをお望みなのだよ」と何度も諭した。つまり自殺をするなということである。それは小さな我が子に言うよりも苦しい自分に言って聞かせたのであろう。そのチャップリンの苦労がのちに幸せの花を咲かせたのである。思えば神様は人間を豊かに幸せにするためにいつも苦労させるのだ。

淀川長治の名言・格言|苦難のあとに幸せの花が咲く


人間の魂は、つねに耕される田畑のようなものである。よその国から種を取り寄せ、それを選抜し、蒔くのに時をかける注意深い園芸家であるのは屈辱的なことであろうか。種子を手に入れ、選抜することが、そんなに早くできるものであろうか。

ゲーテの名言・格言|人生に対して時間をかける注意深い園芸家であれ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ