ロバート・ブラウニングの名言・格言|我欲を超えて生きることで充実感を得られる

心が切望する充実感を与えてくれるものがある。それは愛情を示すことによって、自分自身を超えて生きることである。このことを実践できれば、喜びを得られる。しかし、この教訓を学ぶことには、ゆっくりとした難しいプロセスが必要である。

ロバート・ブラウニング の経歴

ロバート・ブラウニング。イギリスの詩人。ビクトリア朝の最盛期の詩人。父から譲り受けた財産をもとに、人生を詩作のみにささげた人物。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ものづくりには、作ったことのないものに挑戦する面白さがあります。生み出すまでには様々な苦しみがあるからこそ楽しい。

NHKラジオ英会話を聴き始めて2年後、ディクテーション(聴こえてきた英語を書き取る訓練)も始めました。最初は何度聴いても、何を話しているのかさっぱりわかりませんでした。ノートは穴ぼこだらけ。それでも毎日続けていると、少しずつ聴き取れる部分が増えていくんですね。こうして徐々にですが耳が開いていったのです。正解のテキストがないのがかえって良かったんです。正解が手元にあると、2・3回聴いただけですぐ答えを見ちゃうので(笑)。

無難な人生の先に待っているのは後悔。

人と同じことをしなくてもいい環境が生まれている。かつては新製品が売れるようになるまでに5・6年かかっていましたが、いまはみんなが新しいものを探し求めていますから、新製品を出したとたんにワーッと売れる。売れるようになるまでの時間のリスクを省くことができるようになったんです。そのぶん独創にかけることができるわけです。

うちの営業と言えばルートセールスだけでした。これではダメだと新規営業をやるしかないと思い、まずは自分が率先してやりました。エリアを決めて飛び込み営業もしましたが成果が出ず、心が折れそうな日々が続きました。でもようやく1件の新規案件を取れました。これをきっかけに、駄目だと思っていた新規営業もやればできるんだということが分かって、営業全体が活気づきました。

企業にしろ、政治にしろ、例外はあるだろうが、一般的に言えば、長期化すれば権力そのものはみな腐っていくのが常。

大事なのは、現実にきちんと目を向けること。現実を客観視できれば、問題に対処する力が出る。

営業職員には新しいインフラ(システム連動型の高度なデータ端末)を生かしてお客様を広げていってほしいと考えていますが、基本は人間力です。お客様に対する誠意やモラル、安心を提供するという使命感など、そういう意味での人間力を基本にしながら、新統合戦略によって出来上がる商品力や提案力を加えて、総体としての営業力を磨いていってもらいたい。

今まで私はいろいろな人に助けられてきました。そうした経験を踏まえて、自分は自ら生きているというよりも、生かされているのだと感じるようになりました。

後継人事により危機を脱出しようというときには、社内外の誰もが「あの人なら」と納得するような任命を行わなくてはならない。

ページの先頭へ