ピーター・ドラッカーの名言|知的労働においては、時間の活用と浪費の違いは、成果と業績に直接現れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

知的労働においては、時間の活用と浪費の違いは、成果と業績に直接現れる。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

意思決定のための正しい思考法を身につければ、いまより短時間で、なおかつ正しい判断が必ずできるようになります。それを可能にしてくれるのが重要思考です。所与の状況の中で求められている「一番大事なこと」を見極め、「大戦略(大きな方向性)「効用(中目標)」「手段(最終的に選ぶツールや戦術の優先順位・取捨選択)」の三段階で考えるのです。

面白くない仕事だからといって嫌々やっていたら、「この程度の仕事でこのレベルの完成度の人」という評価しか受けられなくなり、自分の希望の仕事からも遠のいてしまいます。

ピークアウトした事業がある一方で、上がってくる事業があるのですから、そこへ人もカネもシフトし、工場も転換していく。それは早くやったほうが良い。スパッと切り換えて、これから伸びるところをさらに伸ばしていきます。

催促する場合は、どうしたら相手が気分よく動けるかを考えたうえでメールの文面を考えると嫌みもなく、仕事の効率も上がります。

そのときそのときの最高のものを設置するのが私の流儀で、これはいまでも同じ考えである。
【覚書き|東邦電力社長時代、名古屋に火力発電所をつくった当時を振り返っての発言。その発電所はアメリカでもほとんどなかった最新式だったため、ニューヨークタイムズで大きく報じられた。また、最新鋭の機械は技術者の育成にも役に立った】

僕はバスケットボールのルール、競技の本質に関わることには一切口出ししません。だって素人だから。唯一の例外は、外国人選手出場枠の制限ルールでした。これだけは代表強化のために必要だと思ったので導入を決めました。例えば、Bリーグのロゴについて意見を求められたけど、あえて何も言わなかった。僕のセンスで決まったらロクなことがないしね(笑)。

宮城県石巻市でメガソーラーの建設を進めています。事業主体となるSPC(特定目的会社)には当社も出資していますが、狙いはあくまでも地元の復興支援です。売電事業による収益を地元に還元できればと考えています。

ページの先頭へ