水尾順一の名言|不祥事の根本的な原因はコミュニケーションの不足

このエントリーをはてなブックマークに追加

不祥事が起きるのを止められないのは、コンプライアンスが形だけのものになっていて、企業文化に根づいていないから。その根本的な原因はコミュニケーションの不足。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

趣味や家族構成などを書いたユニークな名刺なら、そこは相手が触れてほしいポイントなので、忘れずに言及すべきです。また、こちらが名刺にユニークなデザインを入れられる環境ならば、積極的に取り入れて、相手の興味を喚起しましょう。

たしかにいまは、ものを考えない人が多いですね。でもそれはある意味、仕方がないんじゃないですか。だってこの社会は、下手に考えない方が楽に生きられるし、ご褒美だってたくさんもらえるようにできているんですから。いい例が受験勉強です。あれはとにかく何も考えず、答えをひたすら暗記したほうが、成績が良くなる仕組みになっているんです。数学だって、最初から解き方のパターンをたくさん覚えておけば、簡単に高得点がとれちゃう。考えるなんてことは必要ないんです。

作家であろうと、それ以外の人であろうと、人間同士としてつき合うという意味では同じです。心がけているのは、良いことがあったらすぐ連絡、悪いことがあったらすぐ連絡、というように情報を隠さないことです。

今日の社会では進歩だとか福祉だとかいって、誰もがその状況に甘んじてしまっている。システムの中で、安全に生活することばかり考え、危険に本当に体当たりして生きがいを貫こうとすることは稀である。自分を大事にしようとするから、逆に生きがいを失ってしまうのだ。

社外の人脈を築くためには、勉強会やボランティア、趣味の会に参加するなど、積極的に社外活動をする必要があります。こういった社外活動は、今すぐ直接仕事に結びつくものではありませんから、参加したから査定や評価が上がるというわけではありません。しかし、いつか社内で新しい事業に挑戦することになったとき、きっと役立つときが来ます。

「戦略の現場化」と称してトップが直接社員と対話するダイレクトコミュニケーションをしています。会社の目標と社員の目標を一致させ、モチベーションを高めるのです。

働いている人たちは、自分たちが成果を出せた時、本当の意味で元気になります。経営者としても、働く人が元気になる環境づくりをしていくことが何よりも大切だと感じています。

ページの先頭へ