水尾順一の名言|上司が部下を支援し、権限を委譲すれば、彼らは顧客の顔を見て仕事をするようになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司が部下を支援し、権限を委譲すれば、彼らは上司の顔ではなく、顧客の顔を見て仕事をするようになる。逆に、上司がトップダウンで「これをやれ」「あれをやれ」と命令すると、部下は「指示待ち人間」になってしまう。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業というのは、少しでもいいから成長しているときは、社内に活気があるものですが、下降線をたどり始めた途端、社員の意欲は極端に低下していきます。

変化する価値観に対応できなければ、いまどんなに新しく見えるビジネスも、結局は衰退していくことになる。日々改善する意識を持ち続けなければ、この変革期を乗り切ることはできない。僕たちはいま現在、まさにそういう変革期に生きている。

僕は大学に7年間も通った、ある意味ドロップアウトした人間です。その僕が自分の好きな店をつくったら、働きたいと言ってくるのは、やはり僕と同じようなドロップアウト一歩手前の若者たちです。でも、そういう若者がきちんと働いて利益を出して、税金も納めて社会に貢献するというのは、素晴らしいことじゃないですか。そう考えると、店は100店より200店の方がいい。自分の好きなことを通じて、雇用創出という社会貢献をしたいと思うようになったんです。

自分の力を100としたら、120を目指そう。いきなり150を目指してもケガをするだけです。焦らず着実に自己を高めていく努力を続けることが大切です。

私は特定の店舗やフランチャイズオーナーのクオリティによって顧客を増やすのではなく、どの店に行っても同じサービスが受けられるというように、マクドナルドというシステム自体に対するリピーターをつくりたかった。

最終的に決裁するのは人です。特に経営者やリーダーは決裁するためにいると言っても過言ではありません。

ハッカー攻撃などでユーザーの不安は高まっています。セキュリティーを高めるためなら、逆手にとってハッカーを雇ってもいと考えています。

ページの先頭へ