水尾順一の名言|皆がコンプライアンスの大切さを実感することのできる仕組みをつくることも重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンプライアンス意識を高めるためのコミュニケーションは、日々反復を徹底させることが基本。トップや上司がコンプライアンスの大切さについて繰り返し語ることはもちろん、皆がコンプライアンスの大切さを実感することのできる仕組みをつくることも重要。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンサルティング業務やアフターサービスを充実するためには、定着率を高めて人材を育成しなくてはなりません。そのためには、営業職員がどんどん入れ替わってしまうような仕組みではダメなのです。通年採用から四半期採用に切り替えるということは、採用候補者に対し時間をかけて生命保険の意義などを伝え、その中で社の考え方を理解していただいてから入社してもらうということです。

人生の転換期には、幸運と悪運とが横たわっていて、そのどちらかに出会ったとき、その人の人生の方向が決まります。

いま50代の人に勧めたいのは、人智を超えるものとの触れ合いだ。年を重ね経験を積み、肩書がつくようになると、人はどうしても傲慢になる。そんなときは即身仏のような偉大な存在や、大自然、芸術といった人智を超えたものに触れると、謙虚な気持ちになり、等身大の自分を取り戻すことができる。

プレゼンの内容を一字一句暗記する必要はありませんが、最初の50秒だけはしっかり暗記し、繰り返し練習すべきです。

技術への執着も当社の特徴です。当社の製品はメード・イン・ジャパンです。製品の良し悪しは部品をつくる金型にありますから、金型も内製しています。技術は金型メーカーでいちから勉強しました。日進月歩で進化しますからね。

孔子は言っている、「人は隠したりするものだろうか」と。私たちには隠さねばならないような偉大なものなどないので、些細な事柄にも自分をあらわにしがちになるのだろう。

僕は本社工場にものすごくこだわりがある。製造業である限り、モノつくりで生きていこうとする限り、経営の方針を決める本社は現場から離れてはいけないという信念があるからです。

ページの先頭へ