水尾順一の名言|単なる義理や建前で行なわれている状態になっていないか、今一度よく考えてみることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

「仏つくって魂入れず」という言葉がありますが、自社のコンプライアンス活動が、単なる義理や建前で行なわれている状態になっていないか、今一度よく考えてみることが大事。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業の柱であるPLD(半導体の一種)の仕入れ先、米国A社から、代理店契約の打ち切りを言い渡されました。同社とは20年以上にわたりパートナー企業として共に市場を開拓してきただけでなく、PLD事業は当時の売上の7割を占めていただけに、会社存続に関わる危機です。こういった事態を乗り切るには、日ごろから物心両面で充実した経営を行うということです。

予算編成期になると各省から上がってくる予算要求に対して、財務省として回答を出していかなければならりません。「前年は○○円だったから今年も○○円で」といった安直な回答は許されないのです。書類作成以前に、「その予算は妥当なのか」と問われたときに相手を説得できるだけの論的根拠、つまりバックグラウンドが求められます。当時上司によく言われていたのは「川をさかのぼれ、そして海を渡れ(時代をさかのぼって以前はどうだったか調べ、さらに諸外国の実情を調べろ)」です。

結局、実力以上の仕事なんてない。そういう(難しい)仕事に指名されたということは、その人は優秀なんだと思いますよ。

英語の本を読むとき、ただ意味を理解するだけでは、単なる知識の勉強になってしまいます。そうではなく、「この考えは素晴らしい!」「これはちょっと違うでしょ」などと、著者と会話をしながら読むのです。これもコミュニケーションの練習になります。

もっとシンプルに考えるべきです。料理ならおいしさを、家電なら必要な機能を故障なく使える性能を提供するために、一番簡単な方法を考えればいいのです。まっすぐ本質を突くことこそ、今の日本で求められていると思います。

企業家で成功する人が凡百の経営者と大きく異なる点は、ビジネスで無理だなと思ったときに、そこを突破しようとする意志です。それが生き残るための本当の実力で、そこからが経営者として一流になれるかどうかのスタートです。

流通業とは「変化対応業」。次々とイノベーションを起こしていくというより、イノベーションによって起きた変化に素早く対応していくことが重要。

ページの先頭へ