水尾順一の名言|法律論も大切ですが、根本的には企業文化が問われている

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業がコンプライアンスを実践していく上で、「これはダメ」とか「あれをやってはいけない」という法律論も大切ですが、根本的には企業文化が問われている。リスクの洗い出しがきちんとできることはもちろんですが、何よりも、部下が上司に何でも話せて相談できる「風通しのいい企業風土」をつくり、「三ザル文化」を打破することです。それが、企業がセルフ・ガバナンス(自己統治)で自浄作用を発揮できる組織になるための基盤です。そのためにもリーダーはみずからが率先して「見る・聞く・話す」を実践しなければなりません。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今よりもっと売り上げを伸ばして、雇用も増やしたうえで利益も増加させないとあまり威張れない。

今のこの人生を、もう一度そっくりそのまま繰り返してもかまわないという生き方をしてみよ。

現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。

人間の成長には、成功体験が最も糧になると思います。それは個人だけでなく、チームにも言えることです。これまで多くの施設の再生を請け負ってきましたがうちょっとした成功体験がきっかけとなって、チームが良い方向へ変わっていく瞬間を何度も経験してきました。

人は人に対してたいへん大きな影響を与えうるものです。親子であれば親が節度を保ち、実践していれば、よい感性は子どもに継承されるはずです。また他人同士でも、お互いに影響を及ぼし合います。

若い人には速く成長することを求めてきました。速く成長することは部下本人にとっても良いことだし、会社への貢献にもつながる。果ては、人間社会の発展にもプラスになります。

当社は裏方に徹して愚直なまでに顧客満足を追求してきた。一番大事にしてきたのは、お客様の信頼を得ること。

ページの先頭へ