ジム・ロジャーズの名言|特にやりたいことが見つからないのならば、必死に探すべきだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で自分の進路を決めるべきだ。
自分が大好きなことを仕事として選ぶべきだ。
特にやりたいことが見つからないのならば、必死に探すべきだ。


ジム・ロジャーズ の経歴

ジム・ロジャーズ。米国の投資家。アラバマ州出身。イェール大学卒業、オックスフォード大学ベリオールカレッジ終了。その後、ジョージ・ソロスとともにクォンタムファンドの共同で設立する。ヘッジファンドの先駆者で、投資先は株式・通貨・現物・先物など多岐にわたる。国際情勢や各国の金融政策・社会トレンドなどを詳細に調査し価格の上下を予測するという投資スタイルをとった。クォンタムファンドは設立10年で4200%のリターンを実現した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世界はグローバル化というより、「多極化」の方向に進んでいます。日本のこれからの経済的・外交的・政治的な発言力と立場をしっかり持っていくためには、教育や科学技術という足腰のところから本当に一新していかないと大変なことになる。

社員を説得するためには、まず自分が事業の方向性をしっかり定めていなければいけません。とはいえ、それを自分から言い出すのではなくて、社員が同意できるような形に仕向けていくことが大切です。そのためには、社員に対して質問を投げかけながら、相手の答えを聞き出していくようにします。

何か人の役に立つことをすることをお勧めします。ボランティア活動に勤しむのもいいですし、家族や友人の手助けをするだけでも十分です。人に「ありがとう」といわれる回数を増やすよう、意識してみましょう。感謝されることは、強い自己肯定感をもたらします。「頑張って当たり前」の仕事の世界では、その機会は多くはありません。そんななかでの「ありがとう」は、大きな癒しとなります。

いくら優れたことでも、海外に伝わらないことには意味がありません。私たちの考えや行動を理解してもらうコミュニケーションにも、もっと力を入れるべきでしょう。

私たちが認識できる世の出来事は、すべて因果関係で成り立っています。つまり物事には、常に「原因」があるのです。頭のいい人は、そこに着目します。「なぜいま、こうなっているのか」「そもそも、これはどういうことか」……など、根本や本質に遡って考えることができるのです。

大きな賭けに出たければ、それに見合った財務内容を整えてからにすべきです。身の丈を超えた博打は厳禁です。

友人と月1回集まり、植林のNGO活動に参加していたのですが、経済観念の薄い人が多く、それでは本当の意味で環境問題は解決できない。会計士として環境問題を見る重要性を再認識しました。

ページの先頭へ