アランの名言|我々の社会は、求めようとしない者には何ひとつ与えない

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々の社会は、求めようとしない者には何ひとつ与えない。


アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまは、各分野の専門家が力を合わせてひとつのプロジェクトを進める、という仕事のやり方が大半だと思います。別分野でわからないことがあったとき、「この部分はどうすればいいの?」と気軽に聞ける人物が社内外にいれば、状況を一気に打開できます。仕事を進めるために、人脈は欠かせません。

新聞や雑誌はほとんど読みません。読む時間があれば、現場に足を運びたいですね。

ありがたいことに人が人を、客が客を呼んでくれる。クチコミで紹介してくださるから、広告宣伝費は低いですよ。そうやって選んでもらえるのは尽くして尽くして尽くしまくるという利他の心のおかげでしょう。

旧日本軍は兵隊さんは強かったけれど、真ん中から上に行くほど優秀でなくなっていった。その悪しき慣習が、今の日本企業に残ってしまっている。優秀な部長さんが経営陣に入った途端にダメになるなんて話は、皆さんもよくご存じでしょう。原因は戦略論を全く学んでいないことです。

かつては顧客の社長さんにアドバイスしても「机上の空論だ」と言われていたんです。それが、店舗経営の実務経験が加わったことで、説得力のある話ができるようになった。

頭で10のことを考えられる人間より、1つのことを行動で示せる人間のほうが、最後には大きな成果を上げることができる。

ヒット作が出ると、部のモチベーションも上がる。いい企画がどんどん出て、次のヒットにつながり、優秀な人材も集まってくる。

ページの先頭へ