アランの名言|人間が幸福であると言えるのは、何かを欲する時と、作り出すときだけである

人間が幸福であると言えるのは、何かを欲する時と、作り出すときだけである。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

M&Aを積み重ねたことで、再生支援の経験値も増えてきた。経営不振企業のオーナーに降りてもらうのではなく、一緒になって成長しようと思っている。

編集の仕事を始めたとき、所属していた編集部で、「向いていない」と罵倒されて、悔しい思いを味わいました。でも、それは私のレベルが低かったからです。そこで、使えない自分を使えるようにアップさせる方法は何か、それにはどれくらい時間がかかるのか、周りの先輩に聞いて回ったりしました。すると、「1人前になるには3年かかる」と言われて、それなら「まずは3年やってみよう」と思いました。実際、3年で仕事に慣れました。いま思えば、あのとき目の前のことに一生懸命取り組んだことが、結果的に次の仕事につながっていったと思います。

多様な年齢層の多様な経験を持った人が集い、勉強すること自体に大きな意義があることである。様々な経験から出てきた意見のぶつかり合いが、思いがけない気づきや新鮮な発想を学生に与え、学びを促進する。その点でも日本の大学は、もっと様々な年齢層の学生をあふれさせることが必要ではないだろうか。

役者になるってのは、どこかで人生を捨てる覚悟がいる。食っていけるかなんて保証もないですからね。

人生には解決なんてない。ただ、進んでいくエネルギーがあるばかりだ。そういうエネルギーを出さねばならない。解決はその後で来る。

成功体験をすることは、自信がつくなど、ビジネスパーソンとしての骨格をつくるのに必要ですが、失敗体験をすることでその成功の意義をより立体的に捉えることができるのです。また、こうすると失敗するという経験により予知能力のようなものが身につき、意志決定をする立場になったときに適切にそれができる。失敗をしていないと、とにかく事なかれ主義に陥り、前例踏襲型の判断になってしまう。結果的にパフォーマンスが高いものになりにくい。

演じることは最終的には自分との戦いなので、柔軟でありたい。

リフレクションカを自分のものにするには、よかったこと、悪かったこと含め、過去をとにかく振り返ってみてください。重要なのは、何事も取り掛かる前に「意図」を持つことです。意図どおりの結果になったかどうかを振り返り、それに対する答えがYESでもNOでも、なぜそうなったのかを考えるのです。次に、何を変えればいいか、逆に何を変えずにおくべきかという仮説を立てる。これが次の行動における意図となります。その仮説をもって、新たな行動に向かう。これは自分の行動に関する「仮説→検証」のPDCAサイクルを回し続けることにほかなりません。

わしは住友で外国貿易ができるような人材をひとりも養成していなかった。いま急にこの道の先輩三井物産の真似をしても失敗するのがオチだから許さないのだ。
【覚書き|第一次大戦中の爆発的な好景気に住友だけ商事部門をつくらない理由について語った言葉。大戦が終了し大不況が訪れたが、多くの商事会社が倒産するも住友はダメージを受けなかった】

仕事の上に誤りはつきものである。誰だって誤りをしない者があろうか。しかし、問題は誤りそのものよりも、それを早く気づき、除去することにある。その意味で、仕事に創造的主導性を発揮しないで、上からの指示だけに頼るような人間が、はたして良いと言えるか。

ページの先頭へ