スティーブン・R・コヴィーの名言・格言|運動する時間がないは嘘

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人が「運動する時間などない」と考えがちだが、これは何ともゆがんだ考え方だ。効果的な運動に要求される時間とは、一週間のうち3時間から6時間。一日おきに30分費やせばいいのである。それが残りの162時間から165時間の生活にどれだけ大きな好影響を及ぼすかを考えれば、こんなに効率の良い投資はほかにない。


スティーブン・コヴィー の経歴

スティーブン・R・コヴィー。米国の経営コンサルタント。ユタ大学卒、ハーバード大学でMBA取得、ブリガムヤング大学で博士号取得。ブリガムヤング大学で学長補佐、経営管理と組織行動学教授を務める。能力開発・経営マネジメント本の世界的ベストセラー「7つの習慣 成功には原則があった」の著者。同書は38ヶ国語に訳され現在も売れ続けている

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつ死ぬかは誰もコントロールできない。これはもう、しょうがないですね。「命は天にあり」です。でも、「体は我にあり」で健康管理は疎かにできません。

体調管理なんてしようとするから病気になるんじゃない? 好き勝手にやるのが健康には一番いいですよ(笑)。

健康は労働から生まれ、満足は健康から生まれる。

精神的に安定した人物を特徴づけるのは、主として、その人間が持っている特別な習慣ではなく、むしろ習慣を変えたり、環境の変化に対応したりするときの手際の良さである。融通のきかないひとりよがりで保守的な、何事もじっと傍観するタイプの人間とは反対に、変化に対する心積もりができている人間だ。

心の積極性を持ちなさい。心の積極性は、自分のためではなく、もちろん家族のためでもない。人のため、企業のため、社会のために懸命になる心を持ち続けること。これを「心の積極性」と言います。そうすると不思議に体も健康になる。

我々も健康経営を進めています。個人の健康と会社の業務は密接に関係するので、個人の健康のためには、仕事のやり方そのものを変えていかなければいけない。

体調管理を続けるコツは、記録し、それを頻繁に見直すこと。

ページの先頭へ