三品和広の名言|社長の資質を見極めて投資する

資質を見抜くのは簡単ではないが、個人投資家も社長交代のニュースなどに目を光らせ、会見の第一声などで変革力を見極めていけば長期にわたって成長する企業を見つけられるだろう。

三品和広 の経歴

三品和広、みしな・かずひろ。日本の経営学者(経営戦略・経営者論)。一橋大学商学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、ハーバード大学文理大学院博士課程修了。ハーバード大学ビジネススクール助教授、北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授、同大学院知識科学研究科助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授・教授などを歴任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大丈夫かと思ったり、日々不安ごとや戸惑うことや課題は常にあります。むしろチャレンジしていると誰だって課題は生まれます。

近藤太香巳の名言|チャレンジしていると誰だって課題は生まれる


つくったときは効果があっても、同じことをずっと続けていると、どこかの時点でプラスだったものがマイナスになってしまいます。単に弱ったのではなく、逆転して、全体の足を引っ張ってしまう。私は「効果の逆転」と呼んでいますが、あらゆることにこういった現象があるのではないでしょうか。日本型経済システムも効果の逆転が起きています。

常盤文克の名言・格言|同じことを続けると「効果の逆転」が起こる


事業は人との「縁」で決まる。

川路耕一の名言|事業は人との「縁」で決まる


「キットカット」は私が子供の頃からある、誰もが知っている商品。ただ、私がマーケティング本部長として異動してきたときには、利益率がわずか数%しかなかった。そこで「なぜ」を考えるわけです。すると、広告宣伝に無駄があるという考えに至りました。すでに名の知れたブランドにいくら広告宣伝をつぎ込んでも、売上げが伸びる時代ではなかったのです。そこで代わりに、広告をやめてPRでニュースを作るという発想が生まれました。

高岡浩三の名言|なぜ利益率が低いのかを考える


年功序列主義で企業が健全に成長しているのであれば、実力成果主義を導入する必要などないでしょう。しかし、仮に年功序列型組織で成長していないのであれば、やはり見直すべきだと思います。

出口治明の名言・格言|制度の導入廃止は効果が出ているかどうかで判断する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ