スコット・キャロンの名言|内部留保を成長につながる攻めに活用すべきだ

会社の目的は利益成長。内部留保を企業価値の創造に使わないのは守りの姿勢。日本企業は内部留保を成長につながる攻めに活用すべきだ。

スコット・キャロン の経歴

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しいことに挑戦するために仲間を集めるときは、それまでの尺度で能力を測っても意味がない。新しいことをやるのにどういう能力が必要かなんて誰にも分かりません。人の見抜き方があるなんて幻想で、初めはやらせてみるしかないんです。

Web2.0という難解なキーワードは、マイナスイオンの本質を知らないのに、マイナスイオンが流行してしまったのとそんなに変わりません。Web2.0という意味の分からない言葉が流行したことをきっかけに、大量の関連書籍が発行されました。ここまで大量の書籍が発行される理由は、Web2.0という言葉をわかっていない人が多いからでしょう。そもそも、答えがないので、わかるわけがないのです。たとえ書籍を10冊読んだとしてもWeb2.0が明確に書かれた書籍は見つからないでしょう。

僕は世の中から顰蹙を買っている人が好きです。顰蹙を買う人は、世の中に迎合しないから叩かれるのです。叩かれることがわかっているのに迎合しないのは人生を真剣に生きているから。その姿勢に惹かれるのです。

オススメの方法は、勝負する場所を変えること。環境そのものを、自分が運を発揮できる場所に変えてしまうのです。もしあなたが運が悪いと感じているなら、環境を自分に適したものに変えてみてはいかがでしょう。

仕組みづくりと並んで重要なのが社風を変えることですが、これには、あいさつは確実にやるとか、残業をしないで帰るとか、一度始めたことはやめないといったことが大変重要になります。社風は真似できませんし、変えるにはやり続けるしかありません。やめてしまうと元に戻ってしまいますが、いったんできると、相当強固になるのは確かです。

芸人が舞台に立った時、いきなりネタを始めず、本題とは別の話題でドン! と場を沸かせるでしょ? それをきっかけに舞台と客席の間の壁が崩れ、笑いが起きやすい雰囲気が生まれる。こういう土壌を戦略的に創るからこそ、そのあとに続くネタがウケるんですよ。

辛い経験は、怒りに変えて仕事に取り組んできました。怒りが出ますと、勇気百倍になって、世の中に怖いものがなくなるのです。「よし、これもやろう」「あれもやろう」と言って、普通ではなかなか決断できないことも「やっちゃえ」みたいになるのですね。

僕は基本的に出歩くのが好きじゃないので、毎日を家で楽しく過ごしています。何も枷(かせ)をつくらずにいるんです。たとえば、食事はお腹が空いたなと思えば食べる。普段仕事に追われているからこそ、休みのそんな時間が新鮮に感じられる。

私は朝早くから工場に行き、職長たちと親しみ、晩は職長たちを呼んで茶菓をだして話を聞いた。経営の核心を知るために、原価を的確に知りたく、原価計算も研究した。私のこうした仕事ぶりは、周囲に好感をもって迎えられた。職長たちも、今度の人は前の人たちとは違う、よく話の分かる人だと褒めてくれた。
【覚書き|日本陶管で高浜工場長に就任したときを振り返っての発言】

オーナーの世界観、価値観を理解できなければ、最善の提携先を見つけることは不可能。

ページの先頭へ