三品和広の名言|後継者を選ぶ際に前任者が密室で決めてしまうと、前任者の路線を続けてくれる人を選びがちになる

後継者を選ぶ際に前任者が密室で決めてしまうと、前任者の路線を続けてくれる人を選びがちになる。

三品和広 の経歴

三品和広、みしな・かずひろ。日本の経営学者(経営戦略・経営者論)。一橋大学商学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、ハーバード大学文理大学院博士課程修了。ハーバード大学ビジネススクール助教授、北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授、同大学院知識科学研究科助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授・教授などを歴任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の座右の銘は「人間万事塞翁が馬」です。仕事にはうまくいく時期もあれば、そうでない時期もある。ですから、失敗をいつまでも引きずって後悔ばかりしていても仕方ない。

宇野康秀の名言|失敗をいつまでも引きずって後悔ばかりしていても仕方ない


褒めてほしいのに上司や会社が褒めてくれないというのであれば、自分で自分を褒めるというのも手。もしくは、褒めてくれる人を作ることもできます。自分から他人を褒めれば、その人が自分を褒めてくれるようになりやすいのです。

菊入みゆきの名言|上司に褒められないときは自分で褒める


業績が悪化したら人員削減、経費削減。これもある種の固定観念だと思います。私たちは、経費を絞るどころか、東京オフィスの開設など、むしろ投資を増やしました。先のことを心配するより「今」に集中することを選んだのです。

高田明の名言|業績が悪化したら人員削減、経費削減するのはある種の固定観念


自分のことをシャイだと思っている人は、言葉を発しようとすると、「こんなことを言ったら周囲にどう思われるだろう」「こんなことを聞くと笑われるかもしれない」という気持ちに襲われ、発言を躊躇してしまうのではないだろうか。そんなの、つまらないプライドだ。自分のプライドを傷つけないことばかり考えていたら、いつまで経っても人と上手く話せるようにはならない。そういう人はもっと素直にならなくちゃダメだ。

藤巻幸大の名言|自分のプライドを傷つけないことばかり考えていたら、いつまで経っても人と上手く話せるようにはならない


選手自ら「ああしたい」「こうしたい」と発信することで自立心が生まれ、壁にぶちあたっても「できる理屈」で解決できるようになる。

原晋の名言|意見を発信することが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ