三品和広の名言|経営者の資質がその企業の変革力に直結する

実際に変革を起こすのはマネジメントだ。つまり経営者の資質がその企業の変革力に直結する。

三品和広 の経歴

三品和広、みしな・かずひろ。日本の経営学者(経営戦略・経営者論)。一橋大学商学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、ハーバード大学文理大学院博士課程修了。ハーバード大学ビジネススクール助教授、北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授、同大学院知識科学研究科助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授・教授などを歴任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

投資の可否を判断するポイントの1つは、10年後に来るようなテーマなのか。私は他人のおカネではなく自分のおカネを投じているので、リターンを生むまで待てる余裕があります。もう1つは創業者にその事業をやる理由があり、競争に勝てる理由をその人自身が持っていること。それがアンフェア・アドバンテージ(他者が容易に追随できず、競合から見るとずるいぐらいの優位性)であるほどいい。

瀧本哲史の名言|投資の可否を判断する2つのポイント


私は人間は、第一はどこで生まれたか、第二は両親および家系にどんな特色があるか、第三は習った先生にどういう影響を受けたか。それによって人間は決まるという考えを持っています。

森信三の名言|人間の素質を決める3つの条件


社員全員が違う方向のベクトルを持っていると総和はゼロになってしまう。これでは組織の力は出ない。いかにベクトルを同じ方向に向かせるか。一枚岩にするかが重要なんです。

三谷宏幸の名言|いかにベクトルを同じ方向に向かせるか。一枚岩にするかが重要


人任せにしないということも大切です。土地や建物を見るにしても、不動産屋任せにしないで、自社で調査して交渉する。もちろん、リスクはありますよ。ただ、間に人を入れると、競合他社との競争になって、価格が高くなってしまう。情報が他社に出たときはもう遅い。静かに、誰も知らないうちに交渉する。それを自前でやってきたから安く手に入れることができた。

似鳥昭雄の名言|静かに、誰も知らないうちに交渉する


日本の社会人はもったいないと思うんです。能力があるのに、組織人として20年くらいいるうちに丸くなってしまう。

森信親の名言|日本の社会人はもったいない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ