孫正義の名言|7手先まで読みながら碁の石を打っていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は常に7手先まで読みながら碁の石を打っていく。まあ、分かる人には分かるし、分からない人には分からない。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

20代の部下を預かる上司であれば、部下が自分自身でこなせる仕事を任せ、達成感を持たせてやることが能力開発につながります。大きな仕事であれば細分化したり、陰からサポートするなどしながら取り組ませ、小さな成功に導くのです。本人は他人の手を借りたにも関わらず、自分の力で成功したと思い込むみますが、この段階では問題ありません。

将棋に勝因はないんです。あるのはすべて敗因です。

できることなら大きなヒットを生み出したいという思いもありますが、私たちはそれ以上に、永続して成長する会社をつくり上げることに価値があると考えています。

営業で人との出会いを楽しむためには、「誠実であること」「謙虚であること」「相手の立場をよく考えること」が大切です。笑顔できちんと挨拶して、相手の話をしっかりとうかがう。内気な方でも、相手の話を聞くことはできるでしょう?そして、訪問先の会社のことをよく調べて、相手の方のビジネスについておうかがいするんです。

ネットとリアルが融合される世界では、これまで以上にリアルの「近くて便利」という価値が威力を発揮する。リアルの店舗の網の目を細かくしていく重要性は、これまでとは異なってきている。例えば、米国のセブンイレブンには米アマゾン・ドット・コムが、宅配ボックスの「アマゾンロッカー」を置かせてほしいと言ってきている。ネットで強力な力を持つアマゾンでさえ、最終的にはリアルの力を必要とする。彼らもそれがなくて困っているのだろう。

年間数億円も売っている敏腕営業マンでも、自分の将来について本気で悩むといいます。転職経験のない人ほどそれが顕著で、成績がいいのも商品自体の魅力や会社の看板のおかげで自身の能力はたいして高くないのでは、と疑心暗鬼になるらしいのです。漠然とした不安をなくすには、努力と根性で勝ち取る仕事の自信作をひたすら増やすしかありません。

大事なことは、どうやったら相手が笑顔になってくれるかを考えること。心が通わない笑顔は、本当の笑顔ではありません。

ページの先頭へ