孫正義の名言|情報革命というのは、同じ志を持った多くの同志たちによって成される

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報革命というのは、同じ志を持った多くの同志たちによって成される。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ミスを隠そうとするから余計にミスが起こる。私の会社では、問題が起きたらまず「ギャーッ」と叫べと言っています。叫んだら皆が集まってきて「どうしたんだ?」となるのでミスが直るのです。原因や責任はあとで考えればいい。

無印良品らしさというブランドの原点をしっかり確認しながら、さらに次の時代に向けて、つくり直していかなければなりません。つくり直しも、業務の標準化や人材育成も含め、社員の意識共有につながるような仕組みが必要です。仕組みも時代に合わせて革新されないと、モノづくりがどんどん退化してしまいます。

どんなに多くても、四半期に1回以上は(ポートフォリオの)リバランスをする必要はない。それだけ頻繁に取引をしたら、取引コストがかさむ。それに、普通の人は家族との生活もあれば、趣味などに充てる時間もある。常にブルームバーグやスマートフォンの端末を見て投資先をチェックするのは健康的なことではない。

ベンチャー企業の原点は顧客志向。

起業には、次の5つの要素のバランスを取ることが極めて重要であると思います。(1)家族、対人関係。(2)健康、楽しみ。(3)金、モノ、人脈などの現実。(4)仕事。(5)学び、成長、です。これらのうち、(3)と(4)に関心が集中し力の入れ先が偏ってしまいがちですが、トラブルは(1)、(2)、(5)が不足することによって起こるもの。5要素のバランスが取れていないと、長続きしないのです。

私のやる気の源は、お客様や従業員を含め、みんなが喜んでくれることです。

ときには気の進まない仕事を与えられることもありますし、「なぜこんなことを自分がやらなくてはいけないのだ?」と悩むこともあるでしょう。でも、「悩みながらも、スピードは落とさないこと」が重要です。会社の求めに応えようと走り続けた人だけが、自分が望むような成長や成果にたどり着くことができるのです。

ページの先頭へ