孫正義の名言|貢献したいという気持ちだけではダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

貢献したいという気持ちだけではダメ。「手立て」を持ってなきゃいけない。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ノートは高校時代からつけていて、いろいろな使い方を試してきました。何十年もの試行錯誤の末に行き着いたのが、「一冊のノートを常に持ち歩き、そこにすべて書き込む」というごく単純な方法です。テーマ別にノートを使い分けたり、メモを持ち歩いてあとでノートに転記しようなどと手間のかかる方法を選んだりすると、1か月で挫折します。アウトプットを前提に、焦って意味を求めようとするのは、土地を耕さずに収穫だけ急ぐようなもので、結果的に自分が痩せてしまいます。

私は伊那工場に勤務していた入社2年目に、自ら提案して顕微鏡の原価計算の方法を変更した経験があります。ドイツでは内視鏡など医療分野の市場導入をし、販売事業を一から立ち上げました。新しいことに挑戦することは、企業活動の原点です。

仕事にのめり込んでいると往々にして客観的にものを考えられなくなりますが、読書によって知識を増やしておけば、常に自分を客体化できる眼を養えるので、そう簡単には行き詰らなくなります。

会社の情報漏洩の多くが、いわゆる「風呂敷残業」、つまり仕事を家に持ち帰ることから生まれています。「不必要な書類は作らない」とルール化することで、一石二鳥の情報漏洩防止になるのです。

時間をかけるからこそ、面白いものが見つかるのです。店探しにしても、あちこち探し歩いていい店を見つけるのは時間がかかるけれど、その分当たったときの喜びも大きいし、失敗しても笑い話になる。「食べログ」で調べれば早いけど、ただ確認するだけでしょう?

「中、高、大学と10年間英語をやっているのに全然できない」とよく言いますが、みなさん本当の英語をやっていません。音楽の授業を受けたからといって、弾ける楽器はありますか? そもそもやったうちに入らないので、「学生時代に勉強したのにできない」とコンプレックスを持たなくてもいい。

ある菓子メーカーで発売されている和菓子には、焼き色を出すために当社の熟成蔵出し黒みりんが入っています。こうした提案も、訪問を重ねて顧客の話を聞きだすことによって生まれました。つまり、課題は先方にあるのです。それを見つけ出し、解決のために役に立つ提案をすることが大事です。

ページの先頭へ