ジョン・F・ケネディ大統領の名言 格言|努力と勇気だけでは不十分

目的と方向性がない場合、努力と勇気だけでは不十分である。

ジョン・F・ケネディ の経歴

ジョン・フィッツジェラルド・ジャック・ケネディ。JFKと呼ばれることも多い。アメリカ第35代大統領。米ソ宇宙開発競争、ベトナム戦争早期撤退などを行った。大統領選挙にイメージ戦略を大々的に導入した大統領として知られている。公民権運動に強く共鳴し、人種差別問題に取り組んだ。パレードのテレビ中継中に頭部を撃たれ暗殺された

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客から選ばれるには、特定分野で首位に立つことが大切。例えば、近所で3番目においしいラーメン店は、そのままでは苦しい。しかし、深夜帯に店を開けば、ニッチで一番手となり、来客数向上が期待できる。

私の場合、考課後の面接の予定を半年前からスケジュールに組み込むことにしていました。普段顔を合わせることが少ない分、面接時間も一人当たりたっぷり2から3時間をかける。面接前には個々人の業績、目標の達成状況などを踏まえ、そのうえで話の中身や順序、強調する点を決めておく。「こう言ったら、相手はこう出てくるだろう」とシミュレートをして当日に臨むのです。

新しいものを生み出すということにおいて、これまでとひとつ違う点があると思っています。新しいものを生み出すために、組織が必ずしも必要ない時代に入っているんです。この10年で、一人の個とインターネットがあれば、かなりのことができるように世の中がずいぶん変化しました。逆に組織のあり方は、10年前から全然変わっていません。

今日と同じことを明日やるな。問題がないからと安心するのではなく、その日その日に新しくものを考えながら、積極的に対応してほしい。

小学校でのあだ名は「喧嘩マサ」。喧嘩に使って算盤が折れても、新しいものは買ってもらえない。だから残った玉で計算する方法を考える。こうした逆転の発想もその後の発明やビジネスに繋がった。

僕は、現役時代の自分に対しては、自分を褒めたいとは思わない。ただ唯一、自分を褒められることがあるとすれば、ジュニアの育成システムを作ってきたことです。それも自分で独自に作ったんじゃなくて、テニス協会のなかに作り上げた。自分で言うのもなんですけど、これは画期的なことだったんです。それには人を動かさなきゃいけなかった。どうすれば動かすことができるのか? 僕なりに試行錯誤を繰り返しながら、作り上げていったんです。

一時的に効果を発揮しても習慣付くまでには、繰り返して対策を講じる忍耐力が要る。

私はものごとを、とくに難しい問題を考えるときには、いつも3つの原則に依(よ)るように努めている。第一は、目先にとらわれないで、できるだけ長い目で見ること。第二はものごとの一面にとらわれないで、できるだけ多面的に、でき得れば全面的に見ること。第三に何事にもよらず枝葉末節にとらわれず、根本的に考えるということである。

会議は「何を、誰が、いつまでに」を決めます。つまり、「行うべきアイテム」「実行責任者」「デューデイト(締め切り)」のアクションプランを決めさえすればいい場です。これが曖昧だから長引くのです。

「プロでありたい」と思うと同時に、「自分はプロだ」と思ってはいけないことも、理解しているつもりです。「自分はプロだ」と思った瞬間から、上から目線になってしまう可能性がある。常に謙虚な姿勢で、学び続けていきたいと思っています。

ページの先頭へ