盛田昭夫の名言|目標設定がハッキリすれば、それに向かって創造できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々技術系の者は、目標設定がハッキリすれば、それに向かって創造できる。目標のためにはどうしたらいいかということで、逆に技術を開発していくわけです。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「来ていただいて、本当にうれしい」という気持ちがお客様に伝わっていないと、それはあいさつとは言えません。

リーダーシップという資質は訓練でどうにでもなることだと思います。それと経験の積み重ねですね。私は社長になる前、現場の所長としては当社で1、2位を争う大きなプロジェクトを担当しましたが、スタートはごく小さなプロジェクトでした。小さなプロジェクトを何度も経験するうちに、リーダーシップも自然に身についていくのです。

もうね、清書って思った段階で、もうダメなんですよ。「いつものお絵描き」っていうふうにしていかないと、「ここ一発、いい顔描くぞ」なんて思った瞬間、清書になっちゃうでしょ。だいたいダメですよね、そうすると。

生まれたときから才能にあふれている人は誰もいません。誰もが肉体的にも思考的にも、同じ条件で生まれます。だからこそ、まずは身体を動かして心に刺激を与え、自分にはできると思える強い心を養って欲しいのです。

できない人って、いつも何か思い悩んでいますよね。考えるときは考える、考えないときは考えない。そこをきっちり分ける。大事なのはそこじゃないでしょうか。

人間は誰でも、長所対短所は50%対50%だと思います。この地球上にあるモノは、裏表、前後、左右、陰日向というように、すべてが50対50だからです。

社員がイキイキしてない会社が、お客さんをイキイキさせるなんてこと、絶対にできないはずですから。

ページの先頭へ