藤田田の名言|舶来文化はまず国の中心に入ってきて、そして全国に広がっていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では外国文化というのは、まず国の中心に入ってきて、そして全国に広がっていくんです。奈良時代は奈良、平安時代は京都、そして明治時代は東京から外国文化が広がりました。マクドナルドも舶来文化ですから、日本の中心から始めるべきだと考えました。


藤田田 の経歴

藤田田、ふじた・でん。日本の経営者。日本マクドナルド創業者。東京大学法学部在学中に貿易会社藤田商店を創立。宝石やそのほかの物品を輸入販売し大きな利益を生む。その後、日本マクドナルドを創業。12年で外食産業売上高日本一を達成。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々には、かつてなかったようなことをしようとする人間が必要だ。

個別の分野においてどう行動すべきかを考える際には、大きな枠組みから落とし込んでいくのがスジ。

我々は基本的に国の助けを前提に経営をするようなものではない。やはり企業は企業として、グローバルな世界に向かって、自立して経営を進めていく。これが基本です。

新人時代の電話取りも、「誰よりも早く、多く取る」ことにこだわりました。こうした仕事は雑用かもしれませんが、雑用すら満足にできない人間が、アナウンサーとして大きな仕事ができるとは思えないんです。逆に言えば僕のように、これといった決め手がない人でも仕事に全力で取り組む姿勢を貫けば、認めてくれる人が出てくると思います。

私はいま、72歳ですから、社会に出て60年になります。つまり、普通の人よりも社会に出てからの時間が長い。これは武器になりました。26歳で独立できたのもそのおかげです。だから亡くなった親父には、嫌味ではなく「お父さん、よくぞコケてくれました」と言いたい気持ちなんです。
【覚書き|父の会社が倒産し、小学校卒業とともに丁稚奉公に出た当時を振り返っての発言】

人間というのはお互いを知ることから始まる。企業でも人間の集団ですから同じ。

ゴールドマン時代に驚いたことは、世界中の敏腕バンカーたちのメールレスポンスの速さ。時差があるにもかかわらず、私が夜中に質問メールを発信してから6時間以内、私が朝一番にメールを確認できるようなタイミングで返信されていました。

ページの先頭へ