松下幸之助の名言|世間のために働く

このエントリーをはてなブックマークに追加

単に働くだけではいかん。世間のためにやる、大きくいうと社会のためにやる、というふうになると強うなりますわな。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やる気が出ないときは、瞬時にやる気のスイッチを入れられるよう体を動かすことがおすすめです。体を動かすことで心の状態をコントロールすることが出来るようになります。

ポイントは、「提案」ではなく「相談」すること。部下から「○○すべきです」と提案されると、上司は「イエス、ノー」の2択発想で検討するから、却下する恐れがある。しかし「相談」されると、いいアイデアを出そうと協力的になる。自分も参加している気になるから、「部下をサポートする」モチベーションが高くなります。

この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。

私のスケジュール管理のポイントは、アポイント以外の時間、たとえば資料作りや準備の時間などもスケジュールに組み込むということです。もうひとつは、映画や観劇、家族との食事など、仕事以外の予定もその中に入れること。

適職は「なりたい自分」というよりも「なれる自分」なのです。ありのままの自分を心地よいと感じながら仕事できる状態です。一方、天職は興味のある好きな仕事が適職と重なった状態といえるでしょう。

07年にこのままではダメだということで、僕が直接アメーバの事業をやることにしました。僕が社長で、一番重要な事業はアメーバだと言っていたのですが、それまではアメーバを人に任せていました。当社はもともと広告代理店で、アメーバはメディア事業。会社としてメディアにシフトすると言っているのに、人任せでは何も変わらないことに気がついて、自分でやることにしたんです。

今、会長職として求められるリーダーシップとは何か、と問われれば、29万人の社員が気持ちよく働ける環境をつくることではないか、と考えています。

ページの先頭へ